新型デロリアン「Alpha5」登場!! 日本一デロリアンを走らせるオーナーはどう見ているか!?


 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(以下、BTTF)にタイムマシンのベース車両として登場したデロリアン。映画公開当時、ほとんど無名のクルマであったが、映画の世界的人気拡大とともに、その存在が知られるようになった。やがてBTTFファンにとってデロリアンは「いつか乗ってみたい!」夢のクルマとなった。

 デロリアンはベース車両の姿カタチからして、あまりにもBTTFの世界観にマッチした仕様であったため、「デロリアンは映画のために作られたクルマ」と勘違いする人も少なくないだろう。しかし、「DMC-12デロリアン」は1981年に発売された市販車である(BTTF一作目の公開は1985年なので映画公開時にはすでに生産を終了(1982年)していたことになる)。

 そして、あれから40年の時を経て、2代目デロリアン「Alpha5」が2022年8月18日、米国ペブルビーチで開催中の「コンクールデレガンス」の会場にて21日の本発表に先駆けて、実車両が公開された。

文/加藤久美子、写真/Ben Hsu (japanesenostalgiccar.com)、加藤博人

【画像ギャラリー】生まれ変わった新型デロリアン「Alpha5」の姿と、やっぱり美しい初代デロリアン(44枚)画像ギャラリー

■デロリアンが40年ぶりにモデルチェンジ! ガルウィングドアは継続

「Alpha5」という車名やコンセプト、広報画像などは今年の5月末に公開はされていたが実車の公開はこの日が初めて。本来の発表時刻はアメリカ時間の8月18日午前10時半だったが、新型デロリアンAlpha5が走りながら登場したのは11時過ぎ。ぺブルビーチの青い空、青い海、そして美しい芝生の緑を背景に「クロモスフィアレッド」と名付けられた赤いボディカラーのAlpha5が颯爽と登場した。

新型デロリアン(ガルウイングは健在だ)
さすがイタルデザインで、初代モデルの雰囲気を残しながらしっかり現代の(それも先進的な)クルマになっている

 デザインを担当したイタルデザイン社アンドレ・ポルタ氏によると、「ぺブルビーチの美しい風景の中でも映えるようにこの色を選んだ」と会場での取材に対して答えている。

 ところで、なぜ新型デロリアンは「Alpha5」という車名がついているのか。これはイタルデザイン社が公表したコンセプトモデルの歴史(Alpha1/2/3/4)に関連している。ちょっと事情が複雑だが、Alpha2・3・4については完全に「架空のコンセプトカー」である。

 唯一実在したのが、初代デロリアン(DMC-12)が発売された1981年頃に開発が進められていた4-5人乗りのDMC-24というモデルである。当時は、2名乗車のDMC-12に続いて4-5名乗りのDMC-24 、そしてDMC-80というバスの開発も進められていたという。

これがモックアップまで開発が進められていたDMC-24

 DMC-24は実際にモックアップ製作から風洞実験まで行われたが、1982年にDMCが倒産したことで開発も終了した。

 イタルデザイン社におる架空のストーリーによると、その後、1996年登場のAlpha2(ガソリン)、2003年のAlpha3(EV),2010年(水素)のAlpha4に続き、今回、実車として発表されたのが2代目デロリアン「Alpha5」につながるというわけだ。

 イタルデザイン社は奇妙なことを考えるが、わざわざ架空のストーリーまで公開して2代目デロリアン「Alpha5」につなげたかったのだろうか?初代デロリアンからの40年間、イタルデザインとDMCの関係がずっと続いていたわけではない。

 そして実車として公開されたAlpha5は「限定88台」で2024年の発売が予定されている。

Alpha5は1981年にコンセプトが発表された乗車定員4-5名のDMC-24をベースに開発された。

 現時点で明らかにされている新型デロリアンAlpha5のスペックを紹介しておこう。

・満充電あたりの航続距離……300マイル(約480キロ)
・0-60MPH(約96km)……2.99秒
・(BTTF中で時空を飛ぶための)88MPHに達するまで……4.35秒
・最高速度……155MPH(約240km/h)
・バッテリー容量……100Kw以上
・Cd値……0.23
※航続距離はEPA(米国環境省)テストサイクルに基づくメーカーによる暫定値であり、EPAの公式値ではない。

 なお、Alpha5は完全なBEVで他の自動車メーカーがすでに市販しているEVのプラットフォームを利用するものだと予想されている。

 ご存じの方も多いと思うが、初代デロリアンのデザインは世界的な工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏である。ジウジアーロの名前はクルマ好きなら一度は耳にしたことがあるだろう。欧州車はもちろん、日本車も初代日産マーチ、初代トヨタアリスト、アルシオーネSVXなど、大衆車からスポーツカーまで独創的なデザインのクルマを数多く世に送り出してきたあの人だ。

 しかし、このたび公開された新型デロリアンAlpha5は同じイタルデザイン社がデザインに関わってはいるが、ジウジアーロ氏がデザインに関わった事実はない。また、「デロリアン」らしさもガルウィングのドアと後部のルーバーなど一部だけである。

次ページは : ■日本一デロリアンを走らせる「デロリアン界のアンパンマン」橋本さんが語る

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ