そうだあのクルマがあるじゃんか!!! 年収300万円時代をハイセンスに生き抜くための中古車選び術

そうだあのクルマがあるじゃんか!!! 年収300万円時代をハイセンスに生き抜くための中古車選び術

 経済アナリストの森永卓郎氏が『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)という予言的な著書を上梓してから19年。時代は森永氏の予言のさらに先を行く事態になりそうな気配もあり、下手をすれば「年収200万円時代」が到来してしまうのかもしれない。

 だが仮にそんな時代がやってきたとしても、変わらずに「クルマを愛し、維持し、そしてともに生きていける術」を、今のうちから習得しておこうじゃないか!

 今回は中古車の話。年収300万円時代においては新車だけにこだわらず、柔軟かつ確実に「お手頃価格の良質中古車」を見つけ出すテクが必要となるだろう。オススメ中古モデルもご紹介!

※本稿は2022年7月のものです
文/伊達軍曹、写真/AdobeStock、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年8月10日号

【画像ギャラリー】選択肢の幅がグッと拡がる良質中古車の世界!! 周りに一目置かれるモデルたちをギャラリーでチェック!!!(10枚)画像ギャラリー

■「セクシーなクルマ」を安価に手に入れよう!

中古車販売店を「恐ろしい人外魔境」みたいに思っている人もいるかもしれないが、そんなことはない(xiaosan@AdobeStock)

 別記事で紹介した100万円台の新車も素晴らしいが、それでもやはり「どうにも華がない」という欠点もあることは否定できない。

「クルマに華なんていらん!」という意見もあろうが、やはり男は(いや女も)カブいてこそ人生。ステイタスうんぬんではなくセクシーかつゴージャスなクルマにて、自らの人生を彩りたいとは思うのである。

 だが当然の話として、100万円台の予算で「セクシーかつゴージャスなクルマ」を買うのは不可能なため、もしもそちら方面でカブきたい場合は「中古車」を選択することになる。中古車なら、おおむね100万円台くらいの予算でもけっこうなセクシー系を探せるものだ。

「でも……俺は中古車って好きじゃないし、信用できないんだよなぁ……」と言う人も多数いることだろう。

 気持ちはわかる。わかるが、やはりそれは間違いだ。

 探し方と選び方のツボさえ押さえれば、中古車なんてものは恐るるに足らずであり、むしろ「こんなにステキな買い物はない!」とさえ思えるものだ。

 なぜならば、端的に言って「中古車は安いから」である。故・徳大寺巨匠もどこかの雑誌でおっしゃっていたとおり、中古車の本質的な魅力とは“安いこと”なのである。それゆえ、年収300万円時代を生きるカーガイにとって中古車は「必修科目」くらいに思ったほうがいい。

マツダ アテンザ ワゴン(最終型/注目相場:110万〜150万円)…マツダ6ワゴンに車名が変わる前のアテンザワゴンなら、総額110万〜150万円で5万km台までの物件がイケる。素晴らしいデザイン。まさかその値段には見えない一台だ

 とはいえ中古車というのは文字どおり中古(ちゅうぶる)の品であるため、なかにはヤバいものも一定数存在している。そういった中古車を選んでしまっては、いくら車両価格が安かったところで意味はないというか、むしろ逆にカネがかかったりもする。

 そういったヤバい系を回避する詳細テクの基本部分は次項に記したが、それ以前に、ギャラリーで紹介しているような車種を選べば(「比較的高年式」で、そのうえで「走行距離短め」であり、「内外装に荒っぽく扱われた痕跡がなく」「変な音が出たり、変なニオイがしていないもの」であれば)問題ない。

 つまり「今あなたが乗っているクルマのようなクルマ」であれば、自動車というのは何をどう買ったところで、そう簡単に壊れるものでもない。過剰な心配は無用なのだ。

次ページは : ■「自称・中古車の達人」伊達軍曹が提唱する中古車購入時はココをチェックしろ!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ