うちの職場は星2つ!? 運送事業の職場環境改善のため国交省が二つ星認証制度を導入

うちの職場は星2つ!? 運送事業の職場環境改善のため国交省が二つ星認証制度を導入

 国土交通省は2022年8月2日、「働きやすい職場認証制度」に新たに「二つ星」認証を導入すると発表した。

 これまでは基本的な職場環境改善の取り組みを進めている事業者に対する「一つ星」のみの運用だったが、より高い水準への移行を促す。また、来年度には「三つ星」認証の導入を予定している。

 運送業は全体として「ブラック業界」とも見られがちだが、職場の改善に向けた取り組みを「見える化」することで、ホワイト経営の定着とともに、求職者に対してはドライバー職への安心感をアピールする。

 時間外労働の上限規制により物流を維持できなくなる「2024年問題」が目前に迫るなか、人材確保のためには労働環境の改善が急務となっている。行政による認証は、実効性を伴った制度となるだろうか?

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部、画像/国土交通省

【画像ギャラリー】事業者によって職場環境はさまざまだがドライバー不足は共通している(3枚)画像ギャラリー

国交省の「働きやすい職場認証制度」

 国土交通省では、自動車運送事業(トラック・バス・タクシー事業)の運転者不足に対応するための総合的な取組みの一環として、令和2年度(2020年度)に「働きやすい職場認証制度」を創設している。

 正式名称は「運転者職場環境良好度認証制度」といい、いわゆる3K仕事のイメージが強い運送事業者の職場環境改善に向けた取り組みを「見える化」することで、トラックドライバーなど運転者への就職を促進することを目的とした制度だ。

 ドライバー不足といわれるように、運送会社が求人を出しても人材を確保できない状況が続いている。また、2024年の4月1日から自動車運転の業務に時間外労働時間の上限が設定され、人手不足によりモノを運べなくなる「物流の2024年問題」が迫っている。

 事業者に働き方改革の推進を促すとともに、求職者にはその取り組みをわかりやすく伝えることが求められている。そのために国交省と厚生労働省が協力して職場認証制度をスタートしたというのが背景だ。

 まだ世間に浸透しているとはいえないが、ハローワークで求人票に認証マークを表示できるなど、求職者にとっては行政が認証していることの安心感は高い。

 この制度では、これまで「一つ星」のみ申請を受け付けていた。この度、より高い水準への移行を促すため、新たに「二つ星」を導入することが2022年8月2日に国交省より発表された。また、来年度には「三つ星」を導入する予定となっている。

 2022年度の一つ星新規認証申請は9月16日から11月15日。一つ星を既に取得している事業者を対象にした二つ星の新規申請、および一つ星の継続申請は12月16日から翌2023年の2月15日。一つ星を取得していないと、二つ星・三つ星には進めない。

 なお、審査・認証は実施団体として指定を受けた「一般財団法人日本海事協会(Class NK)」が行なう。

基本的な取り組みで一つ星

うちの職場は星2つ!? 運送事業の職場環境改善のため国交省が二つ星認証制度を導入
「一つ星」と「二つ星」の認証マーク

 一つ星の獲得に必要な認証項目は、27の必須項目と、合否には関係しない参考項目(二つ星・三つ星の取得に向けた目安)で構成される。

 必須項目の「法令遵守等」「労働時間・休日」「心身の健康」「安心・安定」「多様な人材の確保・育成」の5つの分野について基本的な取り組み要件を満たせば一つ星認証を取得できる。

 具体的には、「労働基準関係法令違反に係る厚生労働省及び都道府県労働局の公表事案として同省等のホームページに掲載されていない」「道路運送法、貨物自動車運送事業法等に基づく行政処分の累積違反点数が20点を超えていない」など9項目が法令遵守にかかわるものだ。

 労働時間・休日に関しては「拘束時間または休日労働の限度違反に対する累積違反点数が5点を超えていない」「運転者ごとに労働時間を賃金台帳などで適切に管理しているか、またはこれと同等以上の水準でソフトウェアにより管理している」といった項目がある。

 また、一部の項目は大きなくくりとなっており、グループ内の小項目を満たしていれば加点し、合計点が基準点を満たしていれば合格となる。

 例えば「労使協定、就業規則などの文書において、運転者の時間外労働の合計時間を年間960時間以内に制限することを計画している、又は定めている(2点)」「労働基準法で義務付けられている日数を超える年次有給休暇を付与している(2点)」「デジタコを導入し、分析ソフトを使用して運用している(2点、一部の営業所の場合1点)」など。

 いっぽう「心身の健康」では健康診断受診義務違反がないこと、「安心・安定」では社会保険等加入義務違反がないことなどを求めている。

次ページは : 「業界の闇」を見える化

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ