画期的なEVトラック! 次世代eキャンター「増えた28車型」は地味にスゴいぞ!

 次世代モデルへ一新された三菱ふそうの小型EVトラック「eキャンター」、その特徴の一つが「シャシーラインナップの大幅拡充」だ。これはEVトラックとして非常に画期的なのである。

 そこで、次世代eキャンターに設定される28車型について、分析してみた。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/三菱ふそうトラック・バス、「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】サイズ・積載量・総重量でまったく違う次世代eキャンターが28車型! いったいどんな車なのか!?(5枚)画像ギャラリー

小型トラックの「車型」とは?

メーカー発表のイメージ写真。3種類の次世代eキャンターが並んでいるのだが、同じように見えても、いろいろと違うクルマなのである

 次世代eキャンターの「28車型」にどのような意味があるのか、簡単に説明しておこう。

 日本のキャブオーバー小型トラック(小トラ)には、キャブのサイズ、シャシーフレーム仕様、エンジン、ホイールベース、サスペンション、駆動方式、最大積載量、車両総重量(GVW)など、様々な組み合わせが豊富に用意されている。

 例えばディーゼルキャンターの場合、カタログに収録されているメーカー標準平ボディ車だけでも約300車型ある。もちろん、用途とニーズに最適なクルマが選べるよう用意されているものばかりである。

 もっとも、そのすべてが均等に生産されているわけではなく、ユーザーによく使われている「売れ筋」が生産のメインであり、それ以外のほとんどは受注生産モデルである。これは三菱ふそう、いすゞ、日野のいずれも同じだが、このきめ細やかな車型展開は、日本の小トラならではだろう。

次世代eキャンターの「28車型」

次世代eキャンターの車型ラインナップ。いうまでもなく青マーキング部が設定モデル(平ボディ架装車)である

 次世代eキャンター国内向けモデルには「28車型」が設定されている。現行型の1車型に対して28倍増!…とはいえディーゼルキャンターのほぼ10分の1だが、ひとことでいえば「売れ筋をしっかり押さえて、マイナーモデルもいくつか用意」という印象で、日本の小トラニーズを見事に捉えたラインナップとなっている。

 まず、キャブは「標準キャブ」「ワイドキャブ」「拡幅ワイドキャブ」の基本3種がある。特に日本でニーズの大きい「標準キャブ」の存在は、EVトラック販売に欠かせないポイントだろう。

 次にホイールベースだが、「標準ボディ(2500mm)」「セミロングボディ(2800mm)」「ロングボディ(3400mm)」「超ロングボディ(3850mm)」「超々ロングボディ(4750mm)」の5種。これもディーゼルキャンターと同様で、車格によって選択可能な長さが限られることも同じである。

 現時点で明らかになっていないのがシャシーフレームの高さだが、展示車を観察すると「全低床」「高床」のいずれでもなく、「eキャンター独自のフレーム高」といえそうだ。ここは少し特異なところかもしれない。

 いっぽう、次世代eキャンターは4×2車型(後輪駆動)のみで、4×4車型(総輪駆動)は設定されていない。意外に4×4車型はニーズがあるので、e4WDトラックの開発にも期待したい。

5種の車格

次世代eキャンターの標準キャブ・標準ボディ車。発表会メインステージの展示車は、最大積載量1670kgとのことなので、旧普免で運転できるGVW5トン車とみられる

 トラックで重要なのが最大積載量だ。これも現時点では未発表となっている。

 次世代eキャンターの資料では、「GVW5トン級/積載量2000kgクラス」「GVW6トン級/積載量2000kgクラスおよび積載量3000kgクラス」「GVW7.5トン級/積載量3000kgクラスおよび積載量3500kgクラス」となっており、5種の車格が存在することになる。

 GVW5トン級というのは、あきらかに「旧制度の普通免許」で運転できる(現行普免では不可)、文字通り車両総重量を5トン未満に抑えた専用車型である。

 GVWの上限があるので積載量は制約されるが、標準キャブには標準・セミロング・ロングの各ホイールベースが、ワイドキャブには標準・セミロング・ロング・超ロングの各ホイールベースが設定される。ロングと超ロングには、Mバッテリー(高電圧バッテリー2個)仕様も用意されている。

次ページは : 日本の小トラのメインストリーム

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ