新型Z まさかの圏外!? 大荒れ模様の2022年上半期新型車 デザインTOP3!!

新型Z まさかの圏外!? 大荒れ模様の2022年上半期新型車 デザインTOP3!!

 半導体不足や部品供給の遅れによる納車遅れの深刻化など、厳しい状況が続いた2022年上半期の自動車業界。

 そんな中でも、各自動車メーカーは魅力的な新モデルを投入してきた。今回は、自動車評論家の清水草一氏が2022年上半期に登場したニューモデルの中からデザインが優れている3台を選出し、評価の理由について解説。デザインで2022年上半期ナンバーに輝くのは、一体どのモデルだ!?

※本稿は2022年7月のものです
文/清水草一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、フィアット、ランドローバー、ホンダ
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】2022年上半期の「デザイントップ3」をいろんな角度から画像でチェック!!(16枚)画像ギャラリー

■2022年上半期のデザイン第1位は?

 国産車では、レクサスLXのスピンドルグリルの破壊力が凄まじかった。

 しかしまぁこれはスピンドルグリルだけの話で、全体のフォルムは可もなく不可もなし。

 新型フェアレディZ(日産)も凄くカッコいいけど、復古デザインにしてくれてありがとうという面がデカくて、デザインそのものが傑作かというとそこまでは行かない。

 国産EVはどれも似たような感じ。よくできてるけど斬新さに欠けてインパクト弱し。

清水草一氏が選ぶ2022年上半期デザインランキング第1位はフィアット500e。42kWhのバッテリーを搭載し、航続可能距離はWLTCモードで335kmと実用性も高い。企画担当、カバみたいでものすごく好きです。価格は473万~520万円

 ということで、輸入車を含めての上半期1位は、フィアット500eに決定しました! 500eのデザインも復古だけど、それだけにとどまらない未来感が濃厚に漂ってるでしょ? 

 しかも、ガソリンエンジンの500よりデザインのバランスがいい! 見るだけでむしゃぶりつきたくなるようなかわいさがあるって、猛烈に魅力的!

 どうにも抗えない美少女の魅力のようなものですね。このフォルムは、パワーユニットが小さいEVだからこそ実現できたっていうのがまたイマドキじゃないですか!

■レンジローバーは彫刻作品だ

 2位は新型レンジローバー(ランドローバー)

 このデザインはもの凄いよ! これぞ洗練の極致。ここまで無駄な装飾を排して、カタマリだけで高級感を表現してるなんて、空前絶後だ! 正直、呆然としました。

 特にサイドの「ツルン」とした1枚パネル感は凄い。しかもこれがフロントにも回り込んでて、こっちもまるで1枚岩。

ランドローバー 新型レンジローバー。価格は1687万~2568万円

 リアは縦のテールランプでちょっとだけ仕切られてるけど、これまた面としては完全につながってる。

 全体がひとつのシンプルな彫刻作品としか言いようがない。

■可能なかぎりシンプルに!!

 同じようなことをミニバンで実現しているのが、3位のステップワゴン「エア」(ホンダ)だ。

 可能な限りシンプルに、1個のカタマリとしてデザインされている。見てるだけで清々しい!

ホンダ 新型ステップワゴン(AIR)。価格は299万8600~384万6700円

 ステップワゴンは初代が最高傑作で、その後デザイン的には一度もブレークスルーできてなかったんだけど、6代目にしてついに、初代と同じコンセプトで初代のデザインを超えた!

 その点はロードスター(マツダ)と同じ。本当に難しいことだし、偉業だと思います。

 デザイン部門は本当にがんばったと思います。

●2022年上半期新モデルデザインランキングTOP3
・第1位:フィアット500e
・第2位:ランドローバー レンジローバー
・第3位:ホンダステップワゴン(AIR)

【画像ギャラリー】2022年上半期の「デザイントップ3」をいろんな角度から画像でチェック!!(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ