なぜ新燃費基準「WLTCモード」導入で車選びが変わるのか?

 ついに2018年10月より本格的に導入された燃費測定方法・WLTCモード。従来のJC08モードとなにがちがうのか? そしてこれによってクルマ業界のなにがどう変わっていくのか? JC08モードとの比較を踏まえ、まとめてみた。

※本稿は2018年10月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


■WLTCモードの導入とJC08モード、なにがどう違う?

 まずは下の表を見てみよう。

 同一車種による、JC08モードとWLTCモードの燃費表示を並べたものだが、幅の違いこそあれ、すべての車種でWLTCモードの燃費表示のほうが低い値を示していることがわかる。

「どういうことなんだ! JC08モードってのはオレたちを騙していたのかぁ!?」なんていう声も聞こえてきそうだが、これは測定手法や計算方法の違いによるもの。

 まず、従来のJC08モードで想定されていたのは、市街地での走行、また最高速度は80km/hだった。今回導入されたWLTCモードの試験では、「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」3つの走行モードの燃費を実際の生活に即した比率で組み合わせ、その平均値を出す。想定されている最高速度は「高速道路モード」の100km/hとなる。*

 また、JC08モードでの、エンジンが温まった状態で試験を行う「ホットスタート」がなくなり、エンジンが冷えた状態からスタートする「コールドスタート」のみに。

市街地燃費はハイブリッド車の達成率が高く、一方高速道路モードはハイブリッドの落ち込みが大きいのに対し、クラウンターボやフォレスター、アテンザ、CX-5などがJC08モード値を上回るなど、パワーユニットの違いによる特徴が浮き彫りになった。全般的に小排気量車には厳しくなっている

 試験時の重量の扱いも変わり、JC08モードでは2名乗車の想定(+110kg)で試験が行われていたのに対して、WLTCモードでは1名乗車、および荷物相当の計100kgに、そのクルマの積載可能重量の15%が加算され審査が行われる。

 アイドリング時間が算出に組み込まれる割合がJC08モードの約30%から15%程度に下げられることも大きく響くだろう。

 総じて、より実燃費に近い数値を導き出すのが、今回の導入の大きな狙いの一つだとされている。

給油中のクラウン。2.5Lハイブリッドの燃費はJC08モードで24.0km/L、WLTCモードで20.0km/L。ガソリン高騰も相まってこの違いは地味に大きい

 もともとWLTCモードは、国際連合欧州経済委員会(UNECE)の主導のもと、世界共通の排出ガス試験方法の作成を目的とした活動だった。

 2014年3月に乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法の世界統一技術規則として成立すると、2016年10月に国土交通省がJC08モードからの全面移行を表明。この2018年10月、導入が始まった。

 これにより10月以降発売される新車にはすべてWLTCモードでの燃費表記が義務付けられたが、しばらくはJC08モードの燃費表記も併記されることになりそうだ。

*実際には、WLTCモードにはもうひとつ上の最高時速130km/hを想定した「extra-high」なるモードがあるのだが、日本ではこれに対応した道路がないこと、また算出の際の比率が5%と低いことから、算出方法からは除外されている。

■WLTCモードの導入はECOカー減税にも影響を与える??

 現在のECOカー減税の制度の有効期間は1年。つまり、2019年の3月までとなっている。来年度に関してはECOカー減税を続けるかどうかも含めて未定の状態だ。国土交通省はECOカーの普及は至上命題であると考えており、ECOカー減税は存続していく方向で2019年度のルール作りを進めている。

 12月上旬から中旬に税制改正大綱が発表され、それに基づいて国会で予算審議をし、4月から施行される流れとなる。予算が否決されることはほとんどないため、この税制改正大綱で発表された内容が来年度のECOカー減税の内容と見てよい。

来年のエコカー減税にも影響が出るかも

 現状のECOカー減税の燃費基準はJC08モードの数字を基準として作られている。2018年度は現在のルールを適用するため、10〜3月の間にメーカーが新型車にECOカー減税を適用したい場合、WLTCモードかJC08モード、どちらかの燃費の数字を提出しなければならない。

 国土交通省は、WLTCモードの燃費数字も受け取るが、基準は変えないのがポイントだ。WLTCモードの燃費数字は低いため、メーカーは必然的に両方のモードの燃費を測り、JC08モードの燃費を国に申請することになる。2019年度のECOカー減税だが、WLTCモードの数値で燃費基準が作られるかは不明だ。

■WLTCモード切替でメーカーの燃費向上対策にも変化が出る?

 これは当然変化する……というか、WLTCモードの走行パターンにフォーカスさせたパワートレーン開発になる。特に『燃費アピール』がウリとなるクルマの場合、いかにWLTCモード燃費を高くできるかがセールスポイントなので、当然JC08モードでそうだったように、競争は激化することになる。

 ただ、WLTCモードは総合燃費のほかに市街地、郊外、高速道路と3つの走行パターンごとの燃費値も公表されるため、ユーザーは自分の使い方に即した走行モードでの燃費値を参考にすることができる。クルマ選びの指針としては従来のモード燃費と比べて活用度が高い。

 WLTCモード燃費は実走行燃費にずいぶんと近い、現実的な燃費値と見ていい。つまり、WLTCモードにフォーカスさせた燃費スペシャルの開発は、実走行での燃費も高くなる可能性が大きいということだ。

PHEVの実燃費も気になるところ!

■今のところ国産車のみ 輸入車にも適用されていく?

 現状、国産車しかWLTCモードの燃費数字を公表していないため、輸入車にはルールが適用されないのか疑問に思い、取材を進めた。

「今のところ国産車のみ」という表現だが、正確には「9月時点でWLTCモード燃費の表示義務がないなか、各メーカーが自主的に公開している」という状況。そもそも今日現在WLTCモード燃費の値は出す必要がないため、輸入車に適用されていないと考えるのは誤解なのだ。

 国土交通省によると、10月からは輸入車も含めて、日本で発売される新型乗用車(フルモデルチェンジ、マイナーチェンジを含む)は義務付けられるとのこと。なので、アメリカ車であろうがヨーロッパ車であろうが、10月以降に登場する新型車であれば、WLTCモードの燃費が表示されることになる。

より実際のカーライフに即した比較ができるようになるかもしれない

 輸入車のJC08モード燃費は国産車と比べて低い傾向にあるが、WLTCモード燃費が導入されることで、国産車と輸入車の燃費差が縮まってくることが予想される。

 ちなみに、2018年9月以前に発売されて、継続生産される乗用車に関しては、2020年の9月からWLTCモード燃費の表示が義務化される。そのタイミングで継続生産の終了等の判断を各メーカーが行うだろう。しばらくはJC08モードとWLTCモードが混在する状況となる。

■まとめ…WLTCモードはユーザー側の「見る目」も重要だ

 今回のテストでわかったことは「WLTC燃費は実燃費とかなり近い数字」だということだ。「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」と利用条件に応じた燃費も表示されるので、とてもユーザーフレンドリーなルールと言える。

 WLTCモードが導入されたら、ユーザーは利用状況に応じて、自身にとって燃費がいいクルマをより正確に選べるようになる。なので、クルマを「見る目」が重要になってくるわけだ。

クルマ好きとしては、WLTCモードはいい酒の肴ではないだろうか。よりクルマが楽しくなった

 例えば軽自動車。軽自動車は市街地、郊外であれば低燃費だが、高速での燃費が悪い。今までのルールだと、高速道路の利用が多いユーザーが「燃費がいいから」と軽自動車を買うと、実際には燃費がよくなかったという状況が発生した。

 今後は「高速道路モード」の数値をみればよいわけだが、「自分は高速道路の利用が多い」ことを認識したうえで、「高速道路モード」の数値を見れば、正しい選択ができるようになる。凄くいいことだ。

 パワーユニットによって得意な走行状況は変わる。一般的なガソリン車の場合、市街地→郊外→高速道路の順で燃費がよくなるが、ハイブリッドの場合は市街地と高速道路の燃費は同程度、クルマによっては高速道路のほうが数字が悪いものもある。

 クルマのことがより理解できるルールとも言えるだろう。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ