安く狙うはCX-30一択!? CX-60登場で相場はいかに? マツダSUV軍団の中古相場どうなった

安く狙うはCX-30一択!? CX-60登場で相場はいかに? マツダSUV軍団の中古相場どうなった

 国産・輸入車問わず、現在人気のボディタイプがSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)だ。

 ボディサイズや乗車定員など様々なバリエーションが用意され、国産メーカーではトヨタがBEVのbZ4X、ピックアップトラックのハイラックスを含めると10モデル。レクサスブランドも含めると合計15モデル(BEVのRZ含む)に達する。

 国産メーカーの中でトヨタの次にSUVのラインアップが充実しているのがマツダだ。コンパクトサイズのCX-3から3列シートモデルのCX-8まで5モデルを用意している。そして2022年9月15日。マツダは6モデル目であり新世代ラージ商品群第1弾となるCX-60の販売を開始した。

 CX-5やCX-8の後継車として登場したCX-60だが、これだけ充実した車種ラインアップに新たに追加されたものの、予約開始から約2カ月で月販計画販売台数の4倍を超える8,726台を受注している。

 そこで、好スタートを切ったCX-60の裏で、マツダの既存SUVの中古車相場がどのように動いたのかをチェックしてみたい。

文/萩原文博、写真/MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】充実のマツダSUV軍団!! 新型CX-60の登場でマツダ中古SUV市場に値動きはあったのか!?(13枚)画像ギャラリー

6気筒&後輪駆動という新たな魅力が光るCX-60

2022年9月に販売を開始したマツダ CX-60
2022年9月に販売を開始したマツダ CX-60

 まずは、マツダCX-60がどのようなモデルかを簡単に紹介してみたい。CX-60は新開発の縦置き高出力パワーユニットに対応したプラットフォームである「SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャ」を採用している。

 CX-5やCX-8といった従来モデルが横置きエンジンの前輪駆動を採用していたのに対して、CX-60は縦置きエンジンの後輪駆動がベースとなり、車両本体価格は299万2000円~626万4500円となっている。

 CX-60のボディサイズは、全長4,740mm×全幅1,890mm×全高1,685mmで、全長はCX-5の4,575mmとCX-8の4,900mmの中間。全幅はCX-5/8の1,840mmを大きく上回る。全高はCX-5の1,690mmを下回り、ワイド&ローのフォルムが特徴。

 CX-60にはPHEVを含む4つのパワートレインが用意されているが、先行して発売されているのは、e-SKYACTIV Dと呼ばれる3.3L直列6気筒ディーゼルターボエンジン+「M Hybrid Boost」と呼ばれる48Vマイルドハイブリッドシステム搭載したXD-HYBRID。

 3.3L直列6気筒ディーゼルターボエンジンは最高出力231ps、最大トルク500Nmを発生しながら、WLTCモードは21.0km/Lとマイルドハイブリッドと新開発のトルコンレス8速ATの効果により優れた燃費性能を発揮しているモデルだ。

次ページは : CX-5:人気は不変。タマ数が減って値上がり傾向

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ