次期アルファード来春登場 セレナ販売台数「ノア/ヴォク超え」 新型クラウン納期は?? 国内クルマ業界最新動向!!!

次期アルファード来春登場 セレナ販売台数「ノア/ヴォク超え」 新型クラウン納期は?? 国内クルマ業界最新動向!!!

 毎月足しげく新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回は次期型トヨタ アルファードの発売時期、気になる日産セレナの動向、絶好調の滑り出しを見せているダイハツ ムーヴキャンバス、マイナーチェンジを控えたホンダ フィット、ノア/ヴォクシー&新型クラウンの納期…などなど、国内をまとめてお届けします!!

※本稿は2022年8月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年9月26日号

【画像ギャラリー】今回も最新情報満載!!! 全トピックをギャラリーでクイックチェック!!!(8枚)画像ギャラリー

■トヨタ 次期型アルファードは2023年5月に発売

現在、現行型はオーダーストップになっているアルファードは、次期型のデビューが来年5月という情報が入ってきた(画像はベストカーによる予想CG)

 次期型アルファードは、2023年5月の大型連休明けにデビューすると販売店筋には伝えられています。

 商品内容の詳細までは明かされてませんが、新開発のTNGAプラットフォームを採用し、パワーユニットは新型クラウンで採用される2.5L&2.4Lターボハイブリッドとなる模様です。

 FF車のほか、4WDも同時にラインナップする見込みです。

 先進安全性能や利便性の向上についても、新型クラウンと同等かそれ以上の装備を標準ないしはオプションで設定するものと思われます。

■日産、モデル末期のセレナが同クラスのトップセラーに!

日産セレナ。モデル末期ながら、現行型は7月にライバルのノア/ヴォクシーやステップワゴン以上の販売台数を記録。新車生産の停滞問題が影響しているようだ

 セレナが7月の販売台数でライバルのステップワゴン、ノア/ヴォクシーを上回り、同クラスのトップセラーモデルとなりました。

 7月の販売台数は、セレナが6359台(前年同月比19.3%増)、ステップワゴン6117台(同128.9%増)、ノアが5010台(同14.7%増)、ヴォクシーが4034台(同36.3%減)で、それほどの差はありませんが、セレナは最も多く売れました。

 セレナは来年早々にフルモデルチェンジを予定しており、現行モデルはe-POWERのVセレクションのみに生産が限定され、実質的には在庫一掃セールに入っています。

 これに対し、ノア/ヴォクシーは今年初めに、ステップワゴンは今年5月下旬に、それぞれフルモデルチェンジして、多数のバックオーダーを抱えています。にもかかわらず、モデル末期のセレナよりも売れていないというのは不自然です。

 その理由を首都圏のトヨタとホンダ販売店の営業担当者に聞いてみると「半導体などの部品供給の遅れで、スムーズに新車の供給ができていない」とコメントしています。

 供給不足が解消されれば、人気モデルのため、もっと販売台数は伸びるはずです。

次ページは : ■日産、セレナを一部改良 現行型をさらに3カ月間生産継続

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ