王冠がないってマジか!? 注目度いまひとつ? 北米仕様クラウンは歴史を作るのか

王冠がないってマジか!? 注目度いまひとつ? 北米仕様クラウンは歴史を作るのか

 北米の代表的な自動車ショーであるデトロイトモータショーが3年ぶりに開催された。例年であれば重要な車種が発表されることが多く、2019年1月には新型トヨタスープラが世界初公開された。

 久しぶりの今回は開催時期が9月にずれ、参加メーカー数も激減。そんな中、トヨタブースには新型トヨタクラウンクロスオーバーが展示されていたという!

文/小林敦志、写真/小林敦志、池之平昌信、TOYOTA、SUBARU、FORD

【画像ギャラリー】北米仕様のクラウンと日本仕様のクラウンを見比べよう!! マスタングも魅力的!!(12枚)画像ギャラリー

■デトロイトモーターショーが3年ぶりに開催

北米仕様のクラウンクロスオーバー。国内モデル同様に2.4Lと2.5Lをラインアップする
北米仕様のクラウンクロスオーバー。国内モデル同様に2.4Lと2.5Lをラインアップする

 コロナ禍後アメリカは新型コロナウイルスに関し入国時の検疫措置をほとんど撤廃し、さらに日本人の海外渡航最大の“壁”であった、再入国時の陰性証明書の渡航先取得をワクチン3回接種の場合免除したなか、まさにタイミングよくアメリカ ミシガン州 デトロイトを訪れた。

 2019年の開催以降3年ぶりにデトロイトショー(北米国際オートショー)が開催されるからである。

 2019年までは1月開催であったが、2020年開催以降はデトロイトとしては過ごしやすい6月開催にするとしていた。しかし新型コロナウイルス感染拡大で開催することができず、2022年も9月という当初予定からは変則的なスケジュールで開催となった。

 確かに訪れてみると、日中こそ少し暑いかなと思うが、朝夕は逆に寒さを感じるくらいであった。5日間滞在したが雨も降ることもなく、晴れの良い天気が続いた。

 今回のデトロイトショーは開催前に嫌な予感がした。ウエブサイトに会場のフロアプラン、つまり会場における各参加ブランドの配置図が公開されないのである。

 このような状況を過去に体験したのを思い出した、2016年のモスクワモーターショーである。この時も参加メーカーやフロアプランが公表されないまま筆者はロシアの首都モスクワへ向かった。

 現地に着くと、先着していた日本人の同業者から、「今回は西側の完成車メーカーはほとんど参加しないらしい」との話を聞いた。事実会場を訪れると、ロシアブランドのほか、中国、韓国系ブランド、そしてメルセデスベンツがいるぐらいであった。

 なぜこうなったかは謎であったが、2014年にロシアはウクライナのクリミア半島に侵攻しおり、これが影響していたのではないかという説が有力であった。

 そしてこのモスクワモーターショーの経験に基づいた、“嫌な予感”は的中した。その後開催直前に今回のデトロイトショーのプレスカンファレンススケジュールが送られてきたが、そのなかでカンファレンスを行う完成車ブランドはシボレー、フォード、ジープのみであった。

 現地にきて最終的に確認するとGM(ゼネラルモーターズ)、フォード、クライスラー系をメインとしたステランティス、そしてトヨタとスバルがすべての参加完成車メーカーだったのである。

次ページは : ■ひっそりと展示されたトヨタクラウンクロスオーバー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!