お得感のある価格設定の新型クラウンクロスオーバー!! しかし残価設定ローンの残価率が低い……

お得感のある価格設定に選択肢は4倍!! 新型クラウンは売りやすくなったのか!?

 2022年7月15日に衝撃的な発表を行った新型クラウン。ここで明らかになったのが4種類のボディタイプで、まずはクロスオーバータイプが9月1日に発売となった。

 これまではセダンのみだったクラウンだが、4種類に増えたことで果たしてディーラーでは売りやすくなるのだろうか? さらに気になるのが販売価格だ。車格などを考えると安くなった印象なのだが、このプライスタグは、商品力を考えると割安なのだろうか?

文/小林敦志、写真/TOYOTA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】新型クラウンは割安なのか!? 売りやすくなった新型トヨタ クラウンと気になる残価率(11枚)画像ギャラリー

■新型クラウンは売りやすくなった?

2022年7月15日のワールドプレミアでとうとう姿を表した新型トヨタ クラウン。トヨタ系ディーラーセールスマンの第一印象は……?

 あるトヨタ系ディーラーセールスマンによると、「見た目などでの判断はあくまでお客様次第となりますが、売り手側としては“売りやすいクルマ”というのが第一印象です」と話してくれた。その理由を聞くと、やはり従来のクラウンに比べると割安感のある価格設定だとのこと。

 2種類用意されたパワートレーンのうち、売れ筋になるだろうと思われる2.5Lハイブリッドユニットを搭載し、仮に大幅な“キャラ変”を行ったとはいえ、クラウンと名乗るからには最上級グレードとなる“G”は選びたいところ。

 さらにリセールバリューを考えれば、いまどきはクラウン以外の車種でもレザーパッケージは選んでおきたい。あくまでも試算なので、Gアドバンスド レザーパッケージを選び、ウエブサイトでお勧めナンバー1のボディカラーとなるプレシャスホワイトパール(5.5万円高)を選んだ。

 改めて驚いたのは、新型クラウンのクロスオーバーで標準設定色、つまり追加料金のかからないボディカラーはブラックのみであった。

 カタログなどでは派手なボディカラーが目立つが、ウエブサイト上でのおすすめボディカラー(本校執筆時点)は、トップがプレシャスホワイトパール、以下2番目がブラック、3番目がプレシャスシルバーと、かなり現実的であり、中古車相場を意識したもののようになっていた。

 支払総額は588万7893円、アルファードで2.5Lガソリンエンジンを搭載するS Cパッケージにオプションのパールホワイトやサンルーフなどやや贅沢な内容のオプションを計上すると、557万4328円となった。

 クラウンクロスオーバーをGレザーパッケージ(生産開始は2023年1月以降)にすると、支払総額が558万7893円となったので、アルファードとほぼ同じになった。

 新型クラウンクロスオーバーのウエブサイト上で2番目におすすめとなっているX(本稿執筆時点/生産開始は2023年1月以降)にすると、453万7893円となり、ヴォクシー ハイブリッドS-Z 7人乗りの446万8765円と近いものとなった。

 アルファード並みというのは予測していたが、グレードによってはヴォクシー並みになるのは、確かに売る側としてはターゲットユーザーが広がることもあり売りやすいし、買い手側もクラウンというブランドをかなり身近な存在と感じることができるだろう。

 ただし、新型クラウンは値引きゼロが原則となっており、せいぜい5~10万円引きで落ち着くだろうとされている。アルファードは大幅値引きが当たり前だし、ヴォクシーだって値引きは十分期待できるので、値引き込みで見ていくと新型クラウンの割安イメージはやや薄らいでしまうかもしれない。

 前出のセールスマンはクロスオーバーSUVタイプのエステートに注目していた。

 「発売はまだまだ先のようですが、ハリアーと同クラスと考えられます。現行ハリアーは爆発的ともいえるほど人気が高いので、現行ハリアーのお客様からのお乗り換えも期待できますし、現行ハリアーに興味を持たれていたが、いまひとつ決断できなかった他銘柄(他メーカー車)のお客様の“トヨタ車ユーザー化”にも大きく貢献することが期待できますね」と語ってくれた。

次ページは : ■先代で下がったリセールバリューはどうなる?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ