世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

世界に君臨するスーパーSUVとその代役が務まる国産車5選 【おっさんはこれに乗れ!】

 「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/トヨタ、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェジャパン、アストンマーティン、ジャガーランドローバージャパン、ホンダ、三菱、ロールスロイス、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきスーパーSUVとその代役を写真で見る!(14枚)画像ギャラリー

■ゴージャスなスーパーSUVとよく似たカタチ!?

 フェラーリのSUV、プロサングエが発表された。日本での発売はまだ先だが、6.5LのV12を積み、本国価格39万ユーロ。つまり約5700万円! フェラーリ本社はプロサングエをSUVとは呼ばず、「まったく新しいスポーツカーである」と主張している。つまりフェラーリのフラッグシップ。SUVがフェラーリの頂点に君臨したのだ!

 ということは、もはやセダンに代わってSUVが、「自動車の最高級カテゴリー」と言っていいのではないか? おっさんはゴージャスなスーパーSUVに乗ってブイブイ言わせろ!

 と言っても、プロサングエを始めとするスーパーSUVは、非常にお値段がお高いうえに生産台数も少なく、おいそれとは乗れない。本物のスーパーSUVに乗れればそれに越したことはないのだが、諸事情により乗れない場合は、次善の策として、それらに似たカタチの国産SUVに乗ってブイブイ言わせるというテがある。

 今回は、おっさんが乗るべきスーパーSUVと、その代替国産車を提案するので、熟読するように。

●フェラーリ プロサングエ

フェラーリとしては「SUV」とはアナウンスしていないが、カタチはSUVだ。ドアは観音開き!
フェラーリとしては「SUV」とはアナウンスしていないが、カタチはSUVだ。ドアは観音開き!

 プロサングエは、世界の頂点に君臨するスーパーSUVである。フェラーリが「これはスポーツカーだ」と主張するように、全高はSUVとしては非常に低く、その分重心も低い。725psのV12パワーは、4WDで路面に伝えられる。これに乗ればおっさんは無敵である。

 が、プロサングエに乗れなくても、すばらしい代役がいる。トヨタ 新型クラウンだ。クラウンスポーツのルックスはプロサングエそっくり! プロサングエの縮小版と言っても差し支えない。パワートレインは未定だが、とりかえずカッコは完全にプロサングエなので、「和製プロサングエ」を名乗っても、文句をつける者はおるまい。おっさんはクラウンスポーツで世界に君臨せよ!

→代役/トヨタ クラウン スポーツ

4つのボディタイプのなかで最もスポーティな雰囲気の「スポーツ」。ハッチバックの車高を高くした感じ
4つのボディタイプのなかで最もスポーティな雰囲気の「スポーツ」。ハッチバックの車高を高くした感じ

●ランボルギーニ ウルス

2018年に日本でも発売されたウルスはスーパーカー然とした迫力のスタイリングを持つ
2018年に日本でも発売されたウルスはスーパーカー然とした迫力のスタイリングを持つ

 ウルスは、ランボルギーニ販売台数の6割以上を占める稼ぎ頭だ。その走りは、まさにスーパーSUV。加速が物凄いだけでなく、SUVとは到底思えない想像を絶するコーナリング性能を持っている。さすがランボルギーニ。見た目もすさまじい迫力だ。ロボット宇宙人とでも申しましょうか? 完全にダークなSFの世界である。ウルスに乗れば、どんなおっさんでも、コワモテのセレブ扱いは間違いない!

 ウルスが無理な場合は、トヨタ C-HRがある。こちらもSFチックなSUVで、後ろ姿はウルスそっくり。実際、ウルスの発表直後は、「C-HRに似てる!」という声があちこちから聞かれた。トヨタの先見の明恐るべし。細かく言うと、前期型の顔のほうがウルス感が強いので、中古狙いが吉である。

 もちろん、C-HRに乗っても、誰もウスルと間違ってはくれないが、心の中で「これはウルスだ!」と思うのは自由。おっさんはC-HRでSUVの頂点を目指せ!

→代役/トヨタ C-HR

発売されるや否やヒットモデルとなったC-HR。ハイブリッドシステムと「TNGA」プラットフォームで燃費と走りのよさを両立している
発売されるや否やヒットモデルとなったC-HR。ハイブリッドシステムと「TNGA」プラットフォームで燃費と走りのよさを両立している

次ページは : ■トヨタのSUVはもちろんホンダのミニバンでもイケる!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号