おっさんはコスパ最強のポルシェである2代目ボクスターに一度は乗るべし!【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/ポルシェ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきポルシェ ボクスター(2代目)の写真をさらに見る!(6枚)画像ギャラリー

■ポルシェ好きおっさんが行き着く先はミッドシップ?

 クルマ好きなら、一度はポルシェに乗ってみたいと願っていることだろう。ポルシェは、おっさんにとって夢のクルマ。究極の憧れとも言うべき存在だ。

 もちろん、おっさんにとっての「ポルシェ」は、911だけである。それ以外のモデルは、ポルシェ製のクルマであっても、単に「ポルシェ」と呼んではいけない。それらはポルシェではなく、カイエンとかパナメーラとか、車名で呼ばれなくてはならない。911以外は「ポルシェ」じゃないのだ!

 が、911を手に入れるという夢は、あまりにも遠くに行ってしまった。911の新車価格は、最も安い911カレラで1503万円。カレラSで1834万円、憧れのGT3ともなると、2438万円もする。しかもこれはオプションレスの状態。新車のポルシェを買う場合、最低でも200万円くらいはオプションを付けたくなる。つまり、911の新車は、総額約2000万円からというのが現実だ。

 じゃ中古車はというと、これがまた相場が大変高い。空冷911の高騰ぶりはいまさら言うまでもないが、最不人気の996でも300万円から(平均400万円)。997で500万円から(平均650万円)。991型で900万円から(平均1500万円!)、といった感じだ。

 もちろん、300万円で996型911ティプトロニックの前期型を買うのは、男の中の男だ。しかし、996型911ティプトロは、今改めて乗ると、驚愕するほど乗り味がおっさん臭い。ステアリングは失神するほどスローで、ティプトロニックのトルコンスリップは卒倒するほどデカい(2速発進)。

 もちろんポルシェはポルシェだから、攻めればすべてが研ぎ澄まされ、バランスされているのだが(コンディションが良ければ)、フツーに転がすと、超絶ナマクラに感じる。

6気筒の水平対向エンジンをミッドシップマウントしたポルシェのエントリーモデルとして1996年に誕生したボクスター(写真は歴代モデル)

 ならばおっさんはいっそのこと、ボクスターを狙うべきではないだろうか? ボクスターは、2シーターのミッドシップオープンスポーツカー。前述のように「ポルシェ」ではないが、レイアウト的には、ほとんどスーパーカーと言っていい。

 「ポルシェ」を諦めてスーパーカーに乗る。男として素晴らしい決断である。2+2の911よりも、スポーツカーとしてはピュア。しかもオープンだ! スゲエッ!! もちろんボクスターはポルシェ社製。単に「ポルシェ」と呼ぶのはカーマニア的にナシだが、「ポルシェ・ボクスター」と呼ぶのは、何ら問題ない。つまりボクスターは、スーパーカーであり、しかもポルシェなのだ! 一挙両得じゃないか!

■晴れてポルシェとなった2代目モデル

 ここまで読んだおっさんカーマニア諸君は、もはやボクスターを買うことを決意していることだろう。そこで、その背中をさらに押してみたい。ボクスターは、歴代モデルすべて、996型911ティプトロよりも乗り味がスポーティだ。なにせオープンカーなので、それだけでスポーティ感は数倍に増幅されるが、素性としてもスポーティである。

 初代ボクスターが誕生したのは1996年。1997年登場の996型911とほぼ同時期だが、ボディの軽さやハンドリングのクイックさに関しては、996型を上回っている。しかも初代ボクスターの中古相場は100万円台が中心! 100万円を切るタマもある。爆安だぜ!

 つまり初代ボクスターなら、「100万円以下のポルシェを買う」という、人生の大冒険を実行することも可能だ。カネをドブに捨てるつもりでトライすれば、「意外と走るよ!」みたいなことになる確率は高いだろう、たぶん。

 しかしさすがにその選択は、多くの皆様におすすめできるものではない。私が自信を持ってスイセンするのは、2代目ボクスター(あるいはその兄弟の初代ケイマン)である!

初代モデルの大成功をうけてフルモデルチェンジ。2代目モデルは2004年に発表された

 2代目ボクスターの走りは、あらゆる意味で、初代を大きくしのいでいた。初代ボクスターは多少不安定なところのあるクルマだったが、2代目は別物。スポーツカーとして完璧だった。ボクスターは2代目で完成されたのだ! 3代目、4代目は、そこからそれほど大きく進化はしていない! というのは極論だが、一般道を普通に乗る限り、そう言い切ってしまっても間違いではない。

 考えて見れば、それは当然のことである。初代ボクスターは、なにせ「初代」だ。いろいろ至らないところがあって当然。ポルシェにとって初の水冷911だった996型のデキがイマイチだったのと同じである。

 が、996は997になって、大幅に質感が向上した。同じくボクスターも、2代目で大幅に質感が向上したのだ! ヘッドライト形状が、不人気の涙目から丸型(正確には楕円)になったのも同じ。2代目ボクスターは、どこから見てもポルシェになった!

次ページは : ■水平対向6気筒の小気味いい味わい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ