今は絶滅危惧種だけど…ちょい古の国産車はクーペ天国!! お買い得な名スポーツクーペを狙え!!

クーペは見捨てられたのか!?

 ミニバン、SUV、軽自動車が幅を利かせる昨今。セダンが絶滅危惧種と叫ばれて久しいが、クーペだって激減しているのが実情。現行の国産モデルでは今や希少な存在となりつつあるクーペだが、その一方で中古車にまで目を光らせればまだまだ魅力的なモデルが溢れている。「だったら、中古車にしようかな……」と思い始めているアナタにとって、イケてるクーペは何ですか?

文/FK、写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ

【画像ギャラリー】やっぱりクーペってかっこいい!! 今が買い時!? 魅惑のクーペを見る(22枚)画像ギャラリー

パッと見はGR86と大差なし!? だったらTOYOTA 86を選ぶのもアリ!

クーペは見捨てられたのか!?
現代のハチロクとして復活を遂げ、大きな話題を集めたTOYOTA 86。その発表から1カ月後の受注台数は月販目標台数の7倍となる約7000台に達し、好調な立ち上がりを見せた

 2021年10月にスバルとの共同開発によって誕生したGR86。意のままの走りを実現するための“凝縮”と本質を極める“機能美”を追求したエクステリアデザインは見る者に新鮮さを与えたが、パッケージやサイズは従来モデルを継承。そのため、見る人によっては新旧モデルでビジュアル的に大差なし……と映ることもあって、従来モデルでもあまり古さを感じさせない。

 また、TOYOTA 86には専用エアロを装着したエアロパッケージFT、ブレンボ社製ブレーキを採用したLimited High Performance Package、特別設定色を採用したYellow LimitedやBritish Green Limitedなどの派生モデルも多く、新型が登場した現在でも色褪せない魅力に溢れてる。

 ちなみに、中古車市場におけるTOYOTA 86の相場は80万円~800万円と幅広い価格帯で推移しているが、比較的買いやすいお手頃な個体も多い。

 そのいっぽうで、2014年にTRDが創立60周年を記念して発売した限定100台の14R-60を筆頭に、2016年に限定100台で発売された86GRMN、2017年に発売された86GR、2020年に86台限定で発売されたBLACK LIMITEDなどは新車時と同等、もしくはそれ以上の価格で取り引きされており、おいそれと手が出せない高嶺の花となっている。

新車は高すぎる!? フェアレディZが好きなら先代モデルでもイイんじゃない?

クーペは見捨てられたのか!?
ヘッドランプからウエストへとアーチを描きながら駆け抜けるダイナミックなキャラクターラインが、グラマラスかつアスリートのようなしなやかさを演出する先代のフェアレディZ

 世界的な半導体不足による部品調達の遅延や新型コロナウイルス感染拡大の影響による物流の停滞などによって現在は受注を一時停止している新型フェアレディZ。新型が欲しいのに注文すら受け付けてもらえない……とお嘆きのZファンがいたら、先代モデルの中古車購入も視野に入れてみてはいかが? 

 初代から続くZらしいハイパフォーマンス・デザイン・ハイバリューを盛り込みながら、走行性能や質感を飛躍的に進化させた先代モデルは軽くてホイールベースが短い車体にVQ37VHRエンジンを搭載して優れた運動性能を実現。

 しかし、それ以上に魅力的な先進技術が採用されていることにも注目を。その先進技術とは、シフトダウン時にエンジン回転数を一瞬高めることでギヤと同期させるシンクロレブコントロール付き6速MT。

 これはドライバーのクラッチ操作をペダルに設けたスイッチで検出するともにシフト操作をシフトポジションセンサーで検出し、これらの情報と車速信号から変速先のシフト位置での回転数に同期するようエンジン回転数を制御してくれるという優れモノ。要するに、減速時のシフトダウン時にヒール&トゥが不要になり、誰でもプロドライバーの気分に浸れるというワケだ。

 そんな先代モデルの中古車市場における平均価格は250万円前後。まだまだ高値安定傾向にあるというのが実情だ。

次ページは : 古さを感じさせないハイブリッドスポーツのCR-Zもイマドキでグッド!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ