初クラウン40代と常連60代 いったいどのクラウンを選ぶべきなのか?

初クラウン40代と常連60代 いったいどのクラウンを選ぶべきなのか?

 2022年9月1日に発売となった新型トヨタ クラウン。全国各地のトヨタディーラーへは、展示車や試乗車の配車が始まった。やっと本格的にクラウンの商談を行える体制が整いつつある。

 これまで、歴代クラウンを乗り継いできた人たちからは、「一番いいやつ買うから持ってきて」という声が数多く聞かれたわけだが、大きく様変わりした新型クラウンでは、この風潮も薄まりつつあるようだ。

 そこで本稿では、これまでクラウンを乗り継いできた人、そしてこれからクラウンデビューする人、それぞれにおすすめしたいクラウンを選んでいく。見て、乗って、試して、本気の商談ができるようになったクラウンで、買うべきグレードは一体どれなのか、考えていきたい。

文/佐々木 亘 写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】「一番いいやつ買うから持ってきて」はもう古い!! ユーザー別に考える新型クラウンの買うべきグレード(8枚)画像ギャラリー

■ケース1:クラウンを乗り継いできたAさんには「CROSSOVER G“Advanced”」

2022年9月1日に発売となった新型トヨタ クラウン。長年クラウンを乗り継いできたユーザーには写真の「CROSSOVER G“Advanced”」をおすすめしたい
2022年9月1日に発売となった新型トヨタ クラウン。長年クラウンを乗り継いできたユーザーには写真の「CROSSOVER G“Advanced”」をおすすめしたい

 歴代クラウンに乗ってきたオーナーは、まず様変わりしたクラウンを所有する想像をして欲しい。

 新型クラウンは、もちろんトヨタのフラッグシップモデルだが、歴代同様のクルマではない。大きく変わった部分が多く、ユーザーによっては、デメリットに感じる箇所が出てくることだろう。

 とはいえ「不易流行」という言葉通り、クラウンが70年に渡って築き上げてきた品質や品格はしっかりと継承された。クロスオーバーモデルになったことで、一般的なセダンでは味わえない良さを体感できることも多くある。

 それでも歴代クラウンユーザーは、大きく雰囲気を変えない方がベターだろう。そこでおすすめなのが「CROSSOVER G“Advanced”」だ。

 車両本体価格は510万円。ベースとなるCROSSOVER Gと比較すれば35万円高くなるが、ブラインドスポットモニター、パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)、ドライブレコーダー(前後方)、パノラミックビューモニターといったドライブサポート機能が標準で搭載される。

 また、ハンズフリーパワートランクリッドなどが標準装備となり、ほぼ全部付けに近い状態だ。イメージとしては、ロイヤルサルーンに近い。得も言われぬ安心感がそこにはある。

 また、走りのイメージが強まった新型クラウンで、かつてのロイヤルのような、「モチッ、フワッ」という乗り心地を継承したい場合は、−27,500円で選択できるタイヤ・ホイールのインチダウンをおススメしたい。

 変更すると装着されるのは、18インチで60偏平(標準は19インチ55偏平)と、SUV調のクルマとしては落ち着いた仕様になり、操作感や乗り心地もマイルドになる。

 これまでのクラウンのイメージを壊さずに、新型に触れたいという歴代ユーザーは、Gアドバンスドを基準にして、グレード選びをすると良いだろう。

次ページは : ■ケース2:新型でクラウンに興味を持ったBさんには「X」もしくは「G」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ