白バイ隊員の評価は取り締まり件数がすべて。元警視庁の白バイ乗りが明かしたノルマ地獄

白バイ隊員の評価は取り締まり件数がすべて。元警視庁の白バイ乗りが明かしたノルマ地獄

 警視庁の旧第三交通機動隊、第七方面交通機動隊などに所属し、22年間、白バイに乗ってきた元隊員の洋 吾(ようご)氏は、警視庁伝説の白バイ隊員だ。月に80件、年間1000件もの違反切符を切ってきた。3年連続で取り締まり件数の警視庁トップに輝き、警視総監じきじきによる表彰も受けた。そんな洋 吾氏は著書『白バイ隊員 交通取り締まり とほほ日記』で、白バイ隊員という「生き物」の生態を明かし話題だが、本記事では「交通取り締まり」という仕事の真実に迫っていただいた。1回目は、白バイ隊員に求められる最優先事項のこと。それは「違反切符」の「売上げ」。目標ノルマの達成だった。

文/洋 吾


■白バイの白は「平和と清潔」を表したものだが……

 敬礼! 背筋がすっと伸び、右手が自然に上がる。警察官としてずっと身体に染み付いている動作だ。私は退職までの33年間、警視庁の警察官として勤めてきた。しかもそのうちの大半、約22年間は白バイ乗りだった。

 あなたは白バイのことをどう思っているだろうか。大嫌い? それともカッコいい? 白バイに対する印象は、その人の運転習慣に直結しているかもしれない。仕事でクルマに乗る機会が多い人ほど、白バイのことが苦手、もしくは嫌いなのではないだろうか。なんたって、すきあらば交通違反で取り締まられてしまうからだ。

 できればあまり会いたくない存在かもしれない。白バイの「白」は、「平和と清潔」を表すと言われている。だから、白バイ隊員には、交通の治安を守る「平和の戦士」としての期待がこめられている。青い制服と白い大型バイクは子どもたちの憧れでもある。

 ただし、実際の白バイ乗りの勤務は、「平和と清潔」や「平和の戦士」とはほど遠い。警らに出れば、顔や白いマフラーは排気ガスで真っ黒になる。おまけに夏場は汗ダラダラ、冬場は鼻水タラタラ……。近くで見るととても汚いのだ。その上業務で求められるのは交通の「平和」というよりも、違反切符という売上げなのだから。

■白バイ隊員の評価は取り締まり件数がすべて

 実際、白バイ乗りの成績や評価は、取り締まり件数がすべてである。そういう厳しい世界にあって、私は3年連続で警視庁トップを経験したこともある。警視庁のトップクラスの取り締まり切符件数は、個人で年間1000件ほどだ。月間換算なら80件以上となる。トップになると警視庁本部の警視総監室内で総監自らが表彰してくれる。現役時代、私は3年連続で総監室入りをした。実績競争が厳しい白バイ乗りの世界にあって、トップを経験した私だからこそ、白バイ界の現実を語れると自負している。

交通取り締まりを専門とする交通機動隊の白バイ乗りたち
交通取り締まりを専門とする交通機動隊の白バイ乗りたち

次ページは : ■詰め所のホワイトボードには月間ノルマ数

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します