【箱根駅伝】 数々の名勝負のまさに「舞台裏」 中継を支えるプロの仕事たち

 今年もあと3週間とすこしを残すところとなった。年が明け、ほどなくすれば、またあの疾走と歓声とが交錯するドラマを味わうことができる。箱根駅伝(2019年1月2日(水)・3日(木)両日とも午前8時00分出発)だ。

 実はベストカーwebでは、この時期になると毎年箱根駅伝についての記事を掲載している。

 今回は、例年とはすこし趣向を変えて、2015年の箱根駅伝の現場に潜入した際のレポートを、あらためてお届けしたい。すこし古い記事となるが、当時の雰囲気も合わせてお楽しみいただければ幸いだ。

 ベストカー的にはこの箱根駅伝、毎年選手団を先導する車がどの車種になるのかも気になるところ。ちなみに本年の大会会長車(学連会長乗車)がMIRAI、大会本部車(審判長乗車)はPHVのプリウスGR SPORTだった。個人的には2017年大会の発売直前プリウスと発売直後C-HRが強烈に印象に残っている。

 2019年大会、平成最後となる箱根駅伝の先導車は果たしていかに。こちらも要注目である。

〈第95回 東京箱根間往復大学駅伝競走〉

・総距離(217.1km)
・往路(107.5km)

・復路(109.6km)

〈区間〉

第1区(21.3km)……大手町 読売新聞社前〜鶴見
第2区(23.1km)……鶴見〜戸塚
第3区(21.4km)……戸塚〜平塚
第4区(20.9km)……平塚〜小田原
第5区(20.8km)……小田原〜箱根町 芦ノ湖駐車場入口
第6区(20.8km)……箱根町 芦ノ湖駐車場入口〜小田原
第7区(21.3km)……小田原〜平塚
第8区(21.4km)……平塚〜戸塚
第9区(23.1km)……戸塚〜鶴見
第10区(23.0km)……鶴見〜日本橋〜大手町 読売新聞社前

※本稿は2015年2月のものに適宜修正を加えたものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2015年2月26日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ