まさかのプリウスPHV GR SPORTが先導車に!?!?【箱根駅伝2018】


 日本のお正月の風物詩、箱根駅伝

 大学生たちがつなぐ「襷(たすき)の物語」に、年初から感動する方も多いのではないでしょうか。
 

 そしてクルマ好きなら毎年恒例、「先導車はどんなクルマか」というのも気になる視聴ポイント。

 かつては三菱車が、そののち(2004年〜)ホンダ車が、さらに2011年から昨年まではトヨタ車が先導車(大会本部車、大会会長車)を務めています。

2017年1月2〜3日の第93回大会の先導車(大会本部車)はプリウスPHVが務めた
2017年1月2〜3日の第93回大会の先導車(大会本部車)はプリウスPHVが務めた

 2018年大会(1月2日、3日)も昨年までと同じく、トヨタが協賛社として各大学に配備される運営管理車をすべて提供(!)するとともに、(一部車両を除き)運行ドライバーもあわせて派遣することが決まっています(!!)。

 本項では箱根駅伝2018年大会(第94回)の先導車は何か? そしてトヨタが派遣しているという「運行ドライバー」はどんな人なのか? トヨタに聞いてみました。

 文:べストカーWeb編集部 写真:共同通信イメージズ、ベストカーWeb編集部


■「先導車」といってもたくさんあるが……

 【Q.2017年に開催された「第93回箱根駅伝」の先導車はプリウスPHVだったと記憶しておりますが、2018年「第94回」の先導車の車種をお伺いできますでしょうか】

 上記のような大変ストレートな質問をトヨタ広報部に送ったところ、すぐに以下の回答をいただきました。

 A.先導車と言ってもたくさんありますが、隊列の中で動いている以下をお答えさせていただきます。

 ◎大会本部車(審判長乗車) PHV GR-SPORT

 ◎大会会長車(学連会長乗車)  MIRAI

 なにーっ!!

 「MIRAI」が先導車として使用される、というのはある意味予想どおりでした。トヨタ唯一の、いや世界で唯一の量販型燃料電池車であり、トヨタの技術的シンボルカー。

 発売直後の2015年大会でも先導車(大会本部車)として使用され、昨年(2016年大会)でも技術総務車として投入されました。

トヨタMIRAI。世界で唯一の量販型燃料電池車
トヨタMIRAI。世界で唯一の量販型燃料電池車

 MIRAIなら排気ガスも出さないし、往路107.5km(約5〜6時間巡航)、復路109.6km(同)も問題なく走りきるでしょう。

 しかし今年のポイントはもう一台。「大会本部車(審判長乗車)」です。

 プリウスPHV GR SPORTってマジか。

■プリウスPHV GR SPORTってどんなクルマ?

サーキットを快走するプリウスPHV GR SPORT
サーキットを快走するプリウスPHV GR SPORT

 皆さんすでにご承知かと思うけれど、いちおう解説しておきます。

 まずベース車であるプリウスPHVは、2017年2月に発売開始した、現行トヨタ車唯一のプラグインハイブリッド量販車。50系(現行型)プリウスをベースにして搭載するリチウムイオン電池(駆動用)の容量を25Ahへ増やし、JC08モード燃費は(EV走行併用で)68.2kmというえげつない数値を持つ。

 思い起こせば2017年1月2日、その時点ではまだ発売前だったプリウスPHVが箱根駅伝の先導車として登場した際には、一部のクルマ好き(本企画担当とか)は、「おおお、いいのかこれ!」と色めき立ったものでした。

 さて、そのプリウスPHVをベースにした「GR SPORT」は、2017年9月に発表したほやほやの新型車。GR専用サスペンション、ブレース追加、専用メーター、専用シフトノブやアルミペダル、小径ステアリングホイールなどを装備したスポーツ仕様となる。

プリウスPHV GR SPORTの発売は2017年9月
プリウスPHV GR SPORTの発売は2017年9月

 「走って気持ちいいかもしれないけど、これに5時間以上、審判長を乗せて走ったら、酔っちゃうんじゃないの?」

 と思った読者諸兄も多いのではあるまいか。本企画担当はそう思いました。そこでこのプリウスPHVに長時間試乗した自動車ジャーナリスト鈴木直也氏に、「箱根で長時間乗っても酔いませんかね?」と聞いたところ、

 「酔いません。いいセレクトだと思いますよ」とのコメントをいただいた。

次ページは : ■時代を象徴する「エコ」と「走りの楽しさ」の両立

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ