記録には残らなかったけど記憶には残ったかもしれない 愛すべき「B級スポーツカー」列伝

記録には残らなかったけど記憶には残ったかもしれない 愛すべき「B級スポーツカー」列伝

 エコカー減税制度が始まった2009年あたりまで、日本車はスポーツモデルの企画、開発、販売に相当熱心だった。

 GT-Rやランエボ&インプレッサなどの本格的なスポーツカーはもちろんだが、それとは別に、普通のクルマをベースにスポーティな派生車を作ったり、スポーツグレードを設定するケースも多かった。

 そうしたクルマには記憶に残る「B級スポーツカー」が数多い。名車の企画には登場しないかもしれないが、懐かしく思い出せるクルマたち。全24台を振り返る。

※本稿は2022年9月のものです
車両解説/永田恵一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年10月10日号

【画像ギャラリー】普通のクルマをちょっとチューン!! 特別なのにグッと身近な「記憶に残るB級スポーツカー」たち(18枚)画像ギャラリー

■いすゞ アスカ イルムシャー(1985年)

いすゞ アスカ イルムシャー(1985年)
いすゞ アスカ イルムシャー(1985年)

 今で言うDセグセダンのアスカを、オペルのチューナーとして名高い独イルムシャーがチューニング。2Lターボ搭載車をベースに専用サスペンションを装着し、内外装もグレードアップ。

■日産 サニー306ツインカムNISMO(1986年)

日産 サニー306ツインカムNISMO(1986年)
日産 サニー306ツインカムNISMO(1986年)

 サニー306は6代目サニー3ドアハッチバックの1・6Lツインカム搭載車で、NISMOはエアロパーツやNISMOロゴ入りシート、365mmの小径ステアリングなどを装備。

■日産 RZ-1ツインカムNISMO(1986年)

日産 RZ-1ツインカムNISMO(1986年)
日産 RZ-1ツインカムNISMO(1986年)

 RZ-1自体は6代目サニーの3ドアクーペである。ツインカムNISMOは基本的にハッチバックのNISMOと共通の内容だが、専用サスが装着され、よりスポーツ志向だった。

■日産 NXクーペ(1990年)

日産 NXクーペ(1990年)
日産 NXクーペ(1990年)

 RZ-1の後継車となる北米をメインとした手軽な3ドアクーペ。そのなかでも1.8LDOHC搭載車は太いトルクを生かし、なかなかの速さを持っていた。

■フォード フェスティバGT-A(1991年)

フォード フェスティバGT-A(1991年)
フォード フェスティバGT-A(1991年)

 初代フェスティバのスポーツモデルとなるGT-Xをベースに、3つの案から選ばれた独スカラ社デザインの丸形ヘッドライトを使った専用フロントマスクを装着した300台限定車。

次ページは : ■スバル ヴィヴィオTトップ(1993年)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!