【プリウス、ジムニー、ハスラー…】 あの年もっとも熱いクルマ!! 2009年〜2018年編


平成23年(2011年)…スズキ スイフトスポーツ(3代目)

[この年の主なトピック] 東日本大震災、東京電力・福島第一原子力発電所事故、計画停電、株価の年末終値が8455円35銭に、北朝鮮の金正日総書記が死去、世界人口が70億人を突破、サッカー女子W杯で日本代表が優勝、エジプト情勢・ムバラク大統領が辞任、新燃岳噴火など

手頃な価格で走りが楽しめるスイスポのようなクルマこそ、日本車の真骨頂だと思う。この3代目(先代)は楽しさに加えて上質感も身に付けた。趣味と実用を1台でまかなえる、とても賢いクルマでもある。

●次点…ミライース

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 日産リーフ(2011-2012)

平成24年(2012年)…マツダ CX‒5

[この年の主なトピック] 第2次安倍内閣が発足、京都大学・山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞、オスプレイ配備問題、ロンドン五輪開催など

フルSKYACTIV搭載の第1弾として、現在のマツダのブランド力を向上させる礎になったのがこれ。現行型は進化しているものの、言わば初代のスキンチェンジ版に近く、マツダ躍進はこのモデルなくしてはなかったはず。

●次点…トヨタ86

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 マツダCX-5(2012-2013)

次ページは : 平成25年(2013年)…スズキ ハスラー

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ