【プリウス、ジムニー、ハスラー…】 あの年もっとも熱いクルマ!! 2009年〜2018年編

平成30年間、それぞれの年別に登場した国産車をピックアップ。ベストカーにおけるその年ごとの「これぞ1番!」というベストモデルを選出してきたこの企画。いよいよ最後、2009年〜2018年編である。

30年を10年ごとに区切り眺めてきて個人的に目立ったのは、スズキの“躍進”だ。平成元年から10年、11年から20年にかけて、スズキ車がベストカーによって選ばれたのは1台ずつだったが(平成5年のワゴンRと16年のスイフト)、今回の21年から30年にかけては実に4台が選出されている。

2011年のスイフトスポーツの項でも述べられているが、「趣味と実用(とそしてやはり価格だろうか)を高い次元で両立できるクルマ」が、ユーザーの価値判断の大きな主流のひとつとなったことを証明しているのかもしれない。

〈こちらもご覧ください〉
●1989年〜1998年編はこちら。

●1999年〜2008年編はこちら

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ