【平成を代表するクルマ選手権】 あの年もっとも熱いクルマ!! 2009年〜2018年編

 平成30年間、それぞれの年別に登場した国産車をピックアップ。ベストカーにおけるその年ごとの「これぞ1番!」というベストモデルを選出してきたこの企画。いよいよ最後、2009年〜2018年編である。

 30年を10年ごとに区切り眺めてきて個人的に目立ったのは、スズキの“躍進”だ。平成元年から10年、11年から20年にかけて、スズキ車がベストカーによって選ばれたのは1台ずつだったが(平成5年のワゴンRと16年のスイフト)、今回の21年から30年にかけては実に4台が選出されている。

 2011年のスイフトスポーツの項でも述べられているが、「趣味と実用(とそしてやはり価格だろうか)を高い次元で両立できるクルマ」が、ユーザーの価値判断の大きな主流のひとつとなったことを証明しているのかもしれない。

〈こちらもご覧ください〉
●1989年〜1998年編はこちら。

●1999年〜2008年編はこちら

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


平成21年(2009年)…トヨタ プリウス(3代目)

[この年の主なトピック] オバマ大統領が就任、上原浩治投手がMLBオリオールズに入団、映画「おくりびと」が米アカデミー賞外国語映画賞を受賞、野球日本代表がWBC2連覇、GM破綻、新型インフルエンザ、民主党政権が発足、スマトラ沖地震、超円高・1ドル=84円台に、トヨタがF1を撤退、スズキ・VWが包括提携に合意、リスボン条約発効など

 室内は広いし、燃費は言うまでもなく最高だし、ファミリーカーとしては歴代最高の出来だと個人的に思っているのが、この3代目プリウス。エコカー減税制度も相まって、かなりの数が売れた。ドレスアップパーツも豊富。

●次点…レクサスLFA

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 トヨタプリウス(2009-2010)

平成22年(2010年)…ホンダ CR‒Z

[この年の主なトピック] 中国各地で反日デモ、アテネ経済危機、チリ北部サンホセ鉱山で作業員が生き埋め・救出、北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃、米パデュー大学特別教授・根岸英一さんと北海道大学名誉教授・鈴木章さんがノーベル化学賞を受賞、「はやぶさ」帰還、超円高・1ドル=80円台に、W杯・南アフリカ大会開催、高速道路無料化の社会実験開始、バンクーバー五輪開催、ハイチ地震など

 今では電動化されたスポーツカーも珍しくないが、CR-Zは環境性能を両立したハイブリッドスポーツカーの先駆けとして8年も前に登場した。生産終了せずに、最新の2モーター式を積んでほしかった。

●次点…リーフ

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダCR-Z(2010-2011)

平成23年(2011年)…スズキ スイフトスポーツ(3代目)

[この年の主なトピック] 東日本大震災、東京電力・福島第一原子力発電所事故、計画停電、株価の年末終値が8455円35銭に、北朝鮮の金正日総書記が死去、世界人口が70億人を突破、サッカー女子W杯で日本代表が優勝、エジプト情勢・ムバラク大統領が辞任、新燃岳噴火など

 手頃な価格で走りが楽しめるスイスポのようなクルマこそ、日本車の真骨頂だと思う。この3代目(先代)は楽しさに加えて上質感も身に付けた。趣味と実用を1台でまかなえる、とても賢いクルマでもある。

●次点…ミライース

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 日産リーフ(2011-2012)

平成24年(2012年)…マツダ CX‒5

[この年の主なトピック] 第2次安倍内閣が発足、京都大学・山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞、オスプレイ配備問題、ロンドン五輪開催など

 フルSKYACTIV搭載の第1弾として、現在のマツダのブランド力を向上させる礎になったのがこれ。現行型は進化しているものの、言わば初代のスキンチェンジ版に近く、マツダ躍進はこのモデルなくしてはなかったはず。

●次点…トヨタ86

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 マツダCX-5(2012-2013)

平成25年(2013年)…スズキ ハスラー

[この年の主なトピック] 特定秘密保護法が成立、2020年夏季五輪開催地が東京に決定など

 特に目新しい技術はなくても、デザインとPR戦略も含めた雰囲気だけで人を惹きつけるのは凄いこと。スズキの実力の高さを感じる。便利なだけの軽自動車に飽き足らない層を見事に引っ張ってきた。あっぱれ。

●次点…ハリアー(現行)、アクセラ(現行)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 VWゴルフ(2013-2014)

平成26年(2014年)…トヨタ MIRAI

[この年の主なトピック] 御嶽山が噴火、「吉田調書」報道問題、デング熱ウイルスが検出、STAP細胞問題、マレーシア航空機が撃墜される、W杯ブラジル大会開催、ジャンボ機引退、ソチ五輪開催、都心で20年ぶり大雪など

 発売から4年が経過した今も水素インフラの問題などあって普及が進んでないが、水素を燃料とするFCVで世界初の量産車の誕生は、この年最大のトピック。低重心化などによって走りも気持ちよくて快適だ。

●次点…WRX S4/STI

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 マツダデミオ(2014-2015)

平成27年(2015年)…マツダ ロードスター(現行)

[この年の主なトピック] 傾斜マンション問題、中国天津市で大規模な爆発、戦後70年、タカタ・エアバッグ欠陥問題、年金情報流出問題、東芝・不適切会計問題、ネパール地震、桂米朝さん死去など

 初代CX‒5がファミリーカーとしてマツダの躍進に貢献したモデルなら、現行ロードスターはマツダ車ならではの運転する愉しさと喜びを与えてくれる唯一無二の存在。余裕さえあれば、セカンドカーとして購入したい。

●次点…S660

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 マツダロードスター(2015-2016)

平成28年(2016年)…スバル インプレッサ(現行)

[この年の主なトピック] 北朝鮮が核実験、リオ五輪が開幕、TTPに参加12カ国が署名、台湾地震、寝台特急「カシオペア」ラストラン、鴻海がシャープを買収、熊本地震、燃費不正問題、日産自動車が三菱自動車を傘下に、天皇陛下が「お気持ち」表明、大隅良典東京工業大栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞、糸魚川大火など

 先代型もよくできていたが、そこからすべてを底上げしてきたスバル渾身の1台だと思う。当時の阿部PGMによると、フラッグシップモデルのレガシィに投入する開発資源を注いだらしい。よくできているはずだ。

●次点…NSX(現行)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】スバルインプレッサ(2016-2017)

平成29年(2017年)…スズキ スイフトスポーツ(現行)

[この年の主なトピック] トランプ大統領が就任、浅田真央さんが引退、「共謀罪」法が成立、九州北部豪雨、桐生祥秀(東洋大)が男子100メートルで9秒98を記録、日産が無資格検査で追加リコール、スバルも無資格検査、棋士・羽生善治さんが史上初の永世7冠に、カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞など

 新世代プラットフォームを採用した車重1トンを切る軽くて剛性の高いボディと、140psを発揮する1.4L直4ターボによる走りはとても爽快。個人的には、この年のファントゥドライブ、ナンバーワン!

●次点…N-BOX(現行)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】ボルボXC60(2017-2018)

平成30年(2018年)…スズキ ジムニー(現行)

[この年の主なトピック] 平昌五輪開催、森友学園問題、日大アメフト問題、サッカーW杯ロシア大会開催、西日本集中豪雨、本庶佑京都大学特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞など

 スズキも想定外の大人気! 今年の年グルマはジムニーしかないのでは? クルマに関心の薄い人にまで興味を抱かせたのが素晴らしい。ややこしくなるいっぽうの最近のクルマへのアンチテーゼでもある気がする

●次点…カローラスポーツ

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】ボルボXC40(2018-2019)

*   *   *

 混迷深まる感もある自動車業界、そして日本の未来だが、あらたな1年、10年、30年。願わくば自動車業界には明るく楽しい話題、そして何より“良い”クルマたちを提供し続けてもらいたい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ