新型クラウン登場でおっさん狂喜&若者にもウケてる!? 今こそ逆襲のファストバック!!

新型クラウン登場でおっさん狂喜&若者にもウケてる!? 今こそ逆襲のファストバック!!

 クラウンの大変身で一気に注目の的になったファストバック。いまファストバックがカッコいい!

 特に中高年の心に刺さる。カムバック! 美しくもスカしたファストバック車たちよ!

※本稿は2022年9月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年10月26日号

【画像ギャラリー】リメンバー!! 懐かしの5ドアハッチバックたちをギャラリーでチェック!!!(9枚)画像ギャラリー

■新型クラウンの衝撃!! ファストバックが時代の主役だ!?

 一気に4車種も公開され、世間をあっと言わせた新型クラウン。そのうちの2台、クラウンクロスオーバーとセダンは、ファストバック形状だった!

 どちらも独立したトランクを持つ「ファストバックセダン」で、ファストバックの王道たる5ドアハッチバックではないが、そんなことはいい。だってどっちもカッコいいから。

 あのクラウンがファストバックにリボーンして、時代に取り残されたおっさんセダンから、一気にイケてる存在になったのだ! その衝撃は計り知れないぜ!

 思えば、過去2代のクラウンは、若返りを模索し、もがいていた。

 14代目アスリートはカチッとしたスポーティなフォルムに、イナズマグリルを装着。

 15代目は、サイドを6ライト化し、ファストバック風にリアピラーを大きく寝かせた。

14代目トヨタ クラウン(2012年-2018年)。サイドから見ると、かなりリアピラーが傾斜したスポーティな形状であることがわかる。しかしセダンはセダン。おっさんだ
15代目トヨタ クラウン(2018年-2022年)。6ライト化によってリアピラーは細くなり、ファストバックのように傾斜が強くなったが、顔は14代目よりむしろおっさんに退歩

 しかし、どちらも中途半端で、おっさん未満の層を動かすことはできなかった。付け焼刃は通用しなかったのだ。

 しかし新型は違う。ファストバック化によって山は動いた。

16代目トヨタ クラウンクロスオーバー(2022年-)。リアにノッチ(折れ)を持たず、テール先端まで傾斜したファストバック形状にすることで、一気に若々しくなった!

 すでに全国民が強く反応し、「クラウン、カッコいいね」となっている。

 そして、ファストバック全体がイケてる存在になりつつある! ファストバックが時代の主役になるらしい!

■ファストバックの定義

 ファストバックとは、ノッチ(折れ)を持たない、速い背中(fastback)。つまりボディラインが「近道」したバック形状のことだ。

 トランク部分がノッチで独立しておらず、リア後端まで直線的に傾斜しているものを指す。多くはハッチバック車だが、独立したトランクを持つ場合もある。

 ハッチバック車はほぼ自動的にファストバックに含まれるが、小型ハッチバック車の場合、バックの傾斜がキツくなる。

 今回、それらはファストバックには含まないことにした。

 目安は、リアウィンドウの傾斜角が30度前後であること。つまり、ある程度全長の長い、中・大型車が中心となる。

プジョー508のバック傾斜角は約30度。典型的ファストバックだ

次ページは : ■懐かしの5ドア ハッチバック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ