時代到来? 古典的カーマニア最後の桃源郷?? イケてるファストバック国産&輸入車カタログ

時代到来? 古典的カーマニア最後の桃源郷?? イケてるファストバック国産&輸入車カタログ

 クラウンクロスオーバーの登場で俄かに「時代到来」の予感がぷんぷん漂うファストバックスタイルのボディデザイン。中高年ドライバーのみならず、若者世代にも響いているという。ここでは国産&輸入車のファストバックモデルをピックアップ! カムバック! 美しくもスカしたファストバック車たちよ!

※本稿は2022年9月のものです。清水氏による「イケてるファストバック度」は六つ星が最高評価になります
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年10月26日号

【画像ギャラリー】けっこう辛口!!! 清水氏の「イケてるファストバック度」評をギャラリーでチェック!(12枚)画像ギャラリー

■これからの主役は4枚ドアファストバック!? 現行国産ファストバック図鑑

トヨタ クラウンクロスオーバー(イケてるファストバック度:★★★★★★)…SUV風のスタイリングにより、最低地上高が高くたくましく見える(実寸は145mmで先代から10mmのアップ)。リアタイヤ上のウエストラインは大きく膨らんで跳ね上がり、後ろ足で強く蹴るイメージを出している。それでいながら、斬新で都会的。マッチョさとスマートさを同時に実現しているのだ!

 ファストバックがイケてるぜ! とは言うものの、国産4枚ドアファストバック車はこれまで売れたためしがない。

 よって現在のモデル数は、クラウンクロスオーバー/セダンにマツダ3、シビック、プリウス、アコードを加えた6車のみ。

 うちクラウンセダンは未発売だが、どれもスタイリングのレベルは高く、イケてるのが心強い。

 クラウンクロスオーバー(トヨタ)は、ファストバック界の巨大隕石だけに、言うまでもなく斬新だし、イケている。

 クラウンセダン(トヨタ)はFRベースのセダンのようなので、クロスオーバーよりは保守的だが伸びやかさは世界レベルだ。

 ただ手頃さを考えると、シビック(ホンダ)の魅力はクラウン軍団を若干上回る。しかもシビックには、「タイプR」というスターがいる。

 タイプRの人気爆発によって、シビック自体がブランド化し、「ファストバックがイケてるぜ!」というムーブメントを加速させる可能性があると見る。

 国産ファストバック界は、クラウンとシビックが牽引車だ!

■スポーツカーもまだ死なん!

 国産スポーツカーは絶滅寸前で踏ん張りを見せ、ファストバッククーペもフェアレディZ(日産)、GR86/BRZ(トヨタ/スバル)、レクサスLC、スープラ(トヨタ)の5モデルに増えた。うち3台がトヨタなのだから、章男社長に敬礼!

 いまや国産スポーツカーは、存在するだけで貴重で、デザインのよし悪しまで論じられることはあまりないが、この4台を見比べると、フェアレディZレクサスLCのスタイリングの秀逸ぶりが浮き彫りになる。

 フェアレディZは、デザインの発表当時、「顔がNHKのどーもくん」といった否定論もあったが、フタを開ければ、あっという間に受注停止となる人気ぶり。

 初代を彷彿とさせるデザインは、懐かしくも現代的で、絵に描いたようなレトロモダン。特にバックラインはシンプルで美しい。傑作だ!

日産 フェアレディZ(イケてるファストバック度:★★★★★★)…ルーフラインは、フロントウィンドウのすぐ後ろからなだらかに下がり始め、テールまでためらいなく一直線に続く。居住性を一切無視した、これぞファストバックとも言うべき美しいラインだ。イケてるファストバック度は初代と互角

 レクサスLCのデザインは、徹底的にゴージャスだ。

 そのゴージャスさに埋もれてしまって目立たないが、実は「イケてるファストバック度」も相当高い。うむ、イケてるぜ!

レクサス LC(イケてるファストバック度:★★★★★☆)…隠れた(?)名ファストバッククーペ。ヘッドランプやテールランプの複雑な造形に目が行くが、わずかな曲線を描くバックラインは、伸びやかで美しい。サイズを存分に生かしたデザインだ

次ページは : ■輸入車ファストバック図鑑

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ