「乗るならいまでしょ!!」運転も体力勝負!? おじいさんになる前に絶対乗ってほしいクルマ4選

「乗るならいまでしょ!!」運転も体力勝負!? おじいさんになる前に絶対乗ってほしいクルマ4選

 警視庁の発表によれば、特殊車両を含む原付以上の乗り物を運転する65歳以上の人の交通事故発生状況は2021年が27598件中4370件(15.8%)。また、事故全体に占める高齢運転者の事故割合は、直近10年で約14~18%の間で推移しており大きな増減はない。

 高齢者だからといって極端に事故が多いというわけでは決してないが、歳を重ねるごとに反射神経や動体視力の低下は避けられず、また足腰の衰えによってクルマに乗る・クルマから降りる・長時間運転するという行為もツラくなってくる。

 若い頃は好きなクルマでブイブイ言わせていた人も歳をとったら同じようなクルマに乗るのは少々キビしいかも……ということで、ここではおじいさんになるその前に乗っておきたい4モデルを紹介したい。

文/FK、写真/スズキ、トヨタ、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】御すには体力が必要!? 難敵だからこそ魅力的な4台をチェック!(12枚)画像ギャラリー

ノート オーラNISMOに乗るなら“NISMOモード”は使うべからず!

「乗るならいまでしょ!!」運転も体力勝負!? おじいさんになる前に絶対乗ってほしいクルマ4選
新世代NISMOの象徴として、先進テクノロジーを感じさせる洗練されたデザインが採用されているノート オーラNISMO

 2022年上半期のハイブリッド車を含めた電動車の国内登録車販売において、5万6942台を記録してNo.1に輝いたノート&ノート オーラ。

 なかでも、NISMOのこだわりを満載した駿足の電動シティレーサーとして2021年8月に発表されたノート オーラNISMOは、現代のホットハッチたるスペックを誇る一台。

 NISMOのアイコンであるレッドアクセントのレイヤードダブルウイングを採用して低重心かつワイド&ローフォルムを実現したエクステリアや、ハイグリップタイヤの性能を最大限に引き出す専用サスペンションと車体剛性配分の最適化によって高揚感をもたらすハンドリングもさることながら、その最大の魅力は電動車の真骨頂ともいうべき俊敏なレスポンスと伸びのある加速にある。

 特に、ノート オーラNISMOでは走りの良さを際立たせるべく、ドライブモードに専用のNISMOモードを設定。このNISMOモードがスゴいのなんのって! ひとたびNISMOモードに選択すると「これ、マジ?」と思わずにはいられないほどの強烈な加速力と超絶アクセルレスポンスを味わうことができるのだ。

 加えて、走行中の出力と回生量を表示するパワーメーターのゲージがビンビン動くその様にテンションも爆上がり間違いなし。

 しかし……このハイパフォーマンス、反射神経や動体視力が低下したおじいさんには少々刺激的すぎるかもしれない。

次ページは : 本格クロカン=ジムニーならではの硬派な走りにおじいさんは耐えられるか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ