「クルマに興味なし!」な女子たちが高級車と信じて疑わなかった300万円未満で買えるクルマ!

「クルマに興味なし!」な女子たちが高級車と信じて疑わなかった300万円未満で買えるクルマ!

 周囲から「ちょっと高級そう」と思われるようなクルマに乗りたいものの、予算は限られている。「どうせ安かろう悪かろうだし、限られた予算のなかで買ったクルマで見栄を張るなんてできないよなぁ」なんて思っているそこのアナタ!! 実はクルマほど「安かろう悪かろう」は当てはまらない製品なのだ。実際、価格を調べたら、「え!? こんなにかっこいいのにこのお値段!?」というクルマはゴマンとある。

 今回は、300万円未満で買えてしまう超コスパ車をピックアップ。クルマにまったく興味なしのアラサー、アラフォー女子、20名ほどにエクステリア、インテリアなどを写真で見てもらい、特に「え!? こんなにかっこいいのにこのお値段!?」という声が多かった5台をピックアップ。お財布のひもを緩められないものの、見栄はちょい張りたいという人は必見!!

文/関谷明日香、写真/スズキ、トヨタ、ホンダ、マツダ

【画像ギャラリー】クルマ好きじゃない人が認めたハッタリのきく300万円未満の高コスパカー(15枚)画像ギャラリー

北欧風のシンプルデザインが高級感を醸し出す!? 「ヴェゼル」

「クルマに興味なし!」な女子たちが高級車と信じて疑わなかった300万円未満で買えるクルマ!
e:HEV Zでも289万8500円と300万円を切る価格。PLaYは329万8900円だが、こちらは2022年11月現在のところ部品供給の遅れにより受注は一時停止中だ

 ハイブリッドのe:HEVであっても税込みで200万円代(e:HEV Zの4WDは除く)というお手頃さにもかかわらず一番人気だったヴェゼル。

 ヴェゼルを選んだ人がお気に入りとしてあげたのは「シンプルなデザイン」。エクステリアデザインのスタイリッシュさがお値段以上に感じるポイントらしい。さらに、内装もほど良く高級感があるという声も。

 先代ヴェゼルのエクステリアデザインがお好みだった人にとってはボディ同色フロントグリルの採用に抵抗がある人も多いようだが、今回は「こちらのほうが洗練された感じがするし、高級感がある」と軒並み好評だった。

 また、車高の高いクルマが好きではないという女性からは「サイドから見て、車高があまり高く見えないため、スポーティな雰囲気が感じられる」など、バッと見がかっこいいという意見が圧倒的に多かった。

 これまでもプレリュードやトゥデイ、CR-X del solなど、女性の心をわしづかみにしたクルマを生み出してきたホンダの底力! といったところか。

お値段以上の価値がある「ヤリス」

「クルマに興味なし!」な女子たちが高級車と信じて疑わなかった300万円未満で買えるクルマ!
エントリーグレードのGであれば、147万円。これは破格!! これでも見た目は最上級グレードのZと変わらないのだから、見た目と価格重視ならXでも十分かも

 ヤリスの車両本体価格は、エントリーモデルのX(ガソリン車、1.0リッター2WD)なら147万円、最上位グレードのZ(ハイブリッド車、1.5リッター4WD)でも254万8000円と、とにかくリーズナブル。その価格を見て「そんなに安いの!?」という驚きの感想が多かったのがヤリス。お値段以上に見せる技はトヨタの十八番といったところ。

 ヤリスのもうひとつの魅力はクラストップの燃費。XのWLTCモード36.0km/Lという数字は立派。お財布のひもを握ることが多い既婚女性にとって、見た目は高級、維持費は安く済むというのは理想的以外の何モノでもないという。

 エクステリアデザインも現代的でスタイリッシュ。買いやすい価格ながら安っぽさがまったくない「お値段以上」なヤリスは女性が大好物なクルマのようだ。

次ページは : 上品さが秀逸と大絶賛「MAZDA2」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ