おとなしく後ろをついていく? それとも…前を走るパトカーを追い抜いていいか問題の注意点3つ

おとなしく後ろをついていく? それとも…前を走るパトカーを追い抜いていいか問題の注意点3つ

 神奈川県の厚木と小田原を結ぶ、小田原厚木道路は、全長は20km程で見通しは良いが、山間部を抜けるためにアップダウンもあって、クルマのスピードも上がりやすく、また、東名高速と接続していることで、(下り線は)東名を走行してきた速度感が抜けず、つい速度が出てしまうのだが、取り締まりが厳しく、しょっちゅうパトカーや覆面車両を見かける。

 これら(覆面含む)パトカーは、(違反車両の追跡中など緊急走行中ではないときは)制限速度ピッタリで走行している。制限速度ピッタリなので、ついていけばいいのだが、ずっとパトカーについていくのもなんだかカッコ悪い。しかし、だからといって捕まりたくもない。前方を走るパトカーや覆面車両を安全に追い越すために気を付けるべきことを3 つご紹介しよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:写真AC_くろてん
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】速度超過だけじゃない!! ドライバーが守るべき、交通ルール(14枚)画像ギャラリー

速度超過は、プラス10km/hまでなら、捕まる可能性が低い

 警察庁発表によるデータ(「交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」2021資料)によると、速度超過による検挙件数の総数は、2021年1~12月で1,064,818件(一日平均だと2,917件。パトカーや覆面による追尾と、移動式取り締まり機やオービスといった定置を合わせての検挙数)。このうち約85%は、「20km/h超過~30km/h未満」であり、15km/h未満の速度超過はわずか0.02%だという。

 例えば、冒頭の小田原厚木道路(最高速度制限70km/h)では、85km/h未満だと検挙される可能性は低く、90km/h以上となると、検挙される可能性が急激に高まるということ。一般的な高速自動車国道の100km/h制限なら、115km/h未満なら検挙される可能性は低く、120km/hだと検挙されやすい、ということになる。

速度超過による取り締まり件数は、「20km/h超過~30km/h未満」で、約85%を占める(警察庁交通局による「2021年 交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」より)
速度超過による取り締まり件数は、「20km/h超過~30km/h未満」で、約85%を占める(警察庁交通局による「2021年 交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」より)

 ただし、警察車両の速度超過取り締まりには、実車速(地面に対する移動速度)とスピードメーター表示速度との誤差(±5km/h程度)があるため、「プラス15km/h未満であれば安全」とは言い切れない。若干の余裕を考慮して、「プラス10km/h程度(≒10秒間かけて警察車両を追い越すイメージ)」であれば、速度超過で捕まる可能性は限りなく低いと考えられる。ただ、「可能性が低い」というだけなので、あくまで自己責任で判断してほしい。

前方を走行する警察車両を、相対速度10km/h程度で、追い越しレーンから抜き、そして走行レーンに戻れば、速度超過で捕まる可能性は低い(PHOTO:AdobeStock_jaraku)
前方を走行する警察車両を、相対速度10km/h程度で、追い越しレーンから抜き、そして走行レーンに戻れば、速度超過で捕まる可能性は低い(PHOTO:AdobeStock_jaraku)

次ページは : ウインカーは3秒前に出し、進路変更が終わるまで出し続ける

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ