キュートなデザインでアウトドア好き以外をもノックアウト!? デリカミニはかつてのパジェロミニの再来となるのか?

キュートなデザインでアウトドア好き以外をもノックアウト!? デリカミニはかつてのパジェロミニの再来となるのか?

 2022年11月にスペシャルサイトで初披露された新型軽スーパーハイトSUVの三菱 デリカミニ。デリカD:5の弟分のような、ワイルドさの中にかわいらしさを感じさせるデザインだ。

 ズバリ、デリカミニは売れるのか!? ご存知清水草一氏に予想していただいた!!

文/清水草一、写真/MITSUBISHI

【画像ギャラリー】キュートなデザインでアウトドア好き以外をもノックアウト!? デリカミニはかつてのパジェロミニの再来となるのか?(8枚)画像ギャラリー

■デリカミニは果たしてヒットする?

2022年11月に公開された新型軽SUVの三菱 デリカミニ
2022年11月に公開された新型軽SUVの三菱 デリカミニ

 三菱が発表した新型軽SUVのデリカミニ。基本設計こそeKクロススペースを踏襲しているが、デリカD:5の縮小版をイメージさせつつ、ヘッドライトをランドローバーディフェンダーのような半円にしたスタイリングは、軍用車っぽい武装感とキュートさを併せ持ち、写真を見ただけで売れそうな予感がする。

 三菱は1990年代、パジェロが爆発的な大ヒットとなり、その流れに乗って軽自動車のパジェロミニを発売(1994年)。こちらも大ヒットさせた実績がある。

 パジェロミニは、2代目パジェロをそのまま小さくしたようなスタイルで、ジムニーの対抗馬だったが、当時パジェロのブランドイメージは強烈に高く、その縮小版であるパジェロミニは、クルマ好きから地方の主婦層まで、ありとあらゆるユーザーに広く受け入れられた。

 パジェロミニ同様、デリカミニも大ヒットになるのだろうか?

 これは単なる予想だが、大ヒットまでは行かずとも、中ヒットにはなるのではないだろうか。

■パジェロとパジェロミニの関係とは違うデリカD:5とデリカミニ

 大ヒットまでは行かないと考える根拠は、1990年代のパジェロ(1991年登場の2代目モデル)と、現在のデリカD:5のポジションの差にある。

 1990年代のパジェロは、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れまくっていた。1992年には国内で年間8万3685台を売り、販売台数1位になった単月もあった。1993年にはそれを記念して「No.1スペシャル」という特別限定車が発売された。

 パジェロミニ発売後となる1995年の段階でも、本家パジェロは年間4万4933台が売れていた。

 当時はちょうどスポーツカーブームが去り、パジェロなどのオフロード4WDでオートキャンプに出かけるのが、最もオシャレでモテるカーライフの形だった。

 パジェロミニは、タフでかわいいパジェロの縮小版として、その流れに乗り、1995年にはなんと年間10万5000台も売れている! これはパジェロの2倍を軽く超える台数で、本家の単年販売最高記録をも上回っていた。パジェロブーム恐るべし。

次ページは : ■息を吹き返したデリカD:5もパジェロの人気には及ばず

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ