トヨタ GRヤリス登場で注目度急上昇! 3気筒エンジン最新事情

トヨタ GRヤリス登場で注目度急上昇! 3気筒エンジン最新事情

 3気筒エンジン……。ちょっと前だったら、軽自動車のエンジンでしょ? といったイメージで、別に軽自動車を軽視しているわけではないものの、やっぱり「小さいクルマのエンジン」、「廉価版のエンジン」のようなイメージが拭えなかったのは紛れもない事実だろう。

 コンパクトカーは1.3Lクラス以上は4気筒が基本で、3気筒エンジンは1L級の廉価グレードという位置づけが一般的だった。軽自動車だって、ダイハツ 先代コペンやスバルは4気筒を用意して高級感をアピールしていた。

 3気筒エンジンはメカニズム的にどうしても振動が避けられない。また、爆発間隔が不均等になるため、排気音もボロロロロ~と安っぽく聞こえる。

 気筒数が少ないということは、必然的に小排気量となるため、コンパクトカーの、比較的廉価なエントリーモデルに搭載されることが多くなり、音振対策が不十分で、室内に入り込んで気になるということも多い……。などなど、3気筒エンジンはネガ要素が多かった。

 しかし! 今、3気筒は新開発エンジンが各メーカーから積極的に送り出され、新世代エンジンとして脚光を浴びている。3気筒はむしろ積極的に選ばれる時代となったのだ。

 その理由はどこにある? 最新3気筒エンジン搭載車を徹底的に研究しよう!!

※本稿は2022年10月のものです
文/国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年11月26日号

【画像ギャラリー】イメージがガラリと変わった!? 最新モデルでも多数採用!! 日本で購入できる3気筒エンジン搭載コンパクトカー(12枚)画像ギャラリー

■国内外から続々登場している新開発3気筒エンジン

 そんなわけで調べてみると、3気筒エンジンを搭載するクルマ、たくさんあるのです。

 おおっと、今回は軽自動車、あえて除外です。現在販売されている軽自動車はすべて3気筒なので、別枠で論じましょう。

 国産車ではトヨタが積極的。

 ヤリス用に新開発した、新世代「ダイナミックフォース」シリーズのM15A型が気合の入った積極的3気筒エンジン。

トヨタ GRヤリスの1.6L・直3ターボの登場で3気筒エンジンの注目度が上がっている
トヨタ GRヤリスの1.6L・直3ターボの登場で3気筒エンジンの注目度が上がっている

 日産の3気筒はe-POWERの発電用エンジンとしてNA・1.2Lがあったけれど、衝撃的なのがエクストレイル用に新開発された1.5Lの直列3気筒。

 なにしろ可変圧縮比(VC)機構を盛り込んだターボエンジンという最新技術を満載した意欲作。

 ダイハツロッキー/ライズのマイナーチェンジに合わせて1.2Lの直3エンジンを新開発。

 シリーズハイブリッドの発電用エンジンとして搭載される一方、直接タイヤを駆動するコンベンショナルなモデルもある。ロッキー&ライズは1Lターボも含めて全車3気筒エンジンだ。

 海外メーカーでも3気筒エンジンが積極的に新開発されている。

 BMWの1.5L直3ターボは1シリーズ、2シリーズなどに搭載されているし、VW8代目ゴルフの主流エンジンを、マイルドハイブリッドを組み合わせた直3、1Lターボとしている。

 フランス車も1.2Lターボの3気筒エンジンを搭載するモデルがたくさんラインナップされているぞ!

プジョー、シトロエンの1.2Lターボも直3。100~130psを発揮し、軽快な走りを見せる
プジョー、シトロエンの1.2Lターボも直3。100~130psを発揮し、軽快な走りを見せる
ゴルフのe-TSIの直3、1Lターボは110ps、20.4kgmを発揮。48Vマイルドハイブリッドだ
ゴルフのe-TSIの直3、1Lターボは110ps、20.4kgmを発揮。48Vマイルドハイブリッドだ

次ページは : ■評論家3人が選ぶ世界の“いい”3気筒エンジン車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ