【フィット N-BOX ノート…】安全装備で選ぶ国産コンパクト&軽カーTOP3

【フィット N-BOX ノート…】安全装備で選ぶ国産コンパクト&軽カーTOP3

クルマを選ぶ際の優先順位に安全性能を挙げる人は多い。

政府も、増加する高齢運転者の交通事故防止対策の一環として、自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載したクルマ(安全運転サポート車)に、「サポカー(セーフティ・サポートカー)/サポカーS(セーフティ・サポートカーS)」という愛称を付ける普及活動を2017年から行っている。

でも、パッと見ただけじゃ、どんな装備が付いていて、どんなクルマがあるかわからない。なにせ今回取り上げたコンパクトカー・軽自動車だけでも、現行62車種が出揃うのだ(他社が開発・生産した車を自社製品として販売するOEM車含む)。

そこで、「クルマにとって一番の“悪”は交通事故。ゆえに安全装備は重要。でも居住性、走行性能、価格の割安感なども大切でバランスのよさがキモ」という自動車ジャーナリスト渡辺陽一郎氏に、安全装備やその性能を軸に、クルマの総合評価も加味して3台ずつ選出してもらった。

※本稿は2018年11月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月26日号


■コンパクトカーのオススメ TOP3

■1位 ホンダ フィット
価格:142万8840〜241万9200円
※ハイブリッド車・モデューロスタイルを含めた価格帯です。

■2位 マツダ デミオ
価格:139万3200〜227万8800円
※ディーゼル車を含めた価格帯です。

■3位 日産 ノート e-POWER
価格:190万1880〜275万8320円
※e-POWERのみの価格帯です。

1位にはフィットを選んだ。安全装備のホンダセンシングは、歩行者や車両を比較的高い速度まで検知して、運転支援機能のクルーズコントロールも備わる。前席の下に燃料タンクを搭載するなど空間効率も高めたから、後席の足元空間が広く4名で乗車しても快適だ。立体駐車場にもとめられるので実用性も高い。機能が幅広く割安感あり。

2位はコンパクトカーのなかで安全装備を最も高めたデミオ。後方の並走車両を検知する機能が備わるのがポイント。オプションでスマートブレーキサポート&マツダレーダークルーズコントロールを装着すれば、車両に対する緊急自動ブレーキの作動上限速度が、80km/hから100km/hに高まり、クルーズコントロールも加わるからペダル操作も軽減される。1.5Lのガソリン、クリーンディーゼルターボともに動力性能に余裕があって安定性も高い。

3位はノートe-POWER。コンパクトカーのなかでは価格が高いが、e-POWERはモーター駆動の作用で加速が滑らかに感じる。アクセル操作だけで速度を自在にコントロールする楽しさも! 緊急自動ブレーキは、車両については夜間も検知され、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも備わる。長距離移動も快適だ。

■ホンダ フィット(ハイブリッドL ホンダセンシングなど/サポカーSベーシック+)
・システムの名称:ホンダセンシング
・システムの構成:ミリ波レーダー+単眼カメラ
・自動ブレーキ/対車両(昼夜):標準装備(自車 5〜80km/h)
・自動ブレーキ/対歩行者(昼):標準装備(自車 5〜80km/h)
・自動ブレーキ/対自転車:設定なし
・踏み間違い加速抑制装置:標準装備(前進、後退)
・車線逸脱警報:標準装備(自車 60〜100km/h)
・ブラインドスポットモニター:設定なし
・オートマチックハイビーム:標準装備
・レーダークルーズコントロール:標準装備
・サイド&カーテンシールドエアバッグ:オプション

■マツダ デミオ(全車/サポカーSワイド)
・システムの名称:i-ACTIVSENSE
・システムの構成:ミリ波レーダー+カメラ
・自動ブレーキ/対車両(昼夜):標準装備(自車 4〜80km/h)
・自動ブレーキ/対歩行者(昼):標準装備(自車 10〜80km/h)
・自動ブレーキ/対自転車:設定なし
・踏み間違い加速抑制装置:標準装備(前進、後退)
・車線逸脱警報:標準装備(自車 45km/h以上)
・ブラインドスポットモニター:標準装備
・オートマチックハイビーム:標準装備
・レーダークルーズコントロール:オプション
・サイド&カーテンシールドエアバッグ:標準装備

■日産 ノート(e-POWER X ブラックアローなど/サポカーSワイド)
・システムの名称:インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・システムの構成:単眼カメラ+ソナーセンサー
・自動ブレーキ/対車両(昼夜):標準装備(10〜80km/h)
・自動ブレーキ/対歩行者(昼):標準装備(10〜60km/h)
・自動ブレーキ/対自転車:設定なし
・踏み間違い加速抑制装置:標準装備(前進、後退)
・車線逸脱警報:標準装備(自車 60km/h以上)
・ブラインドスポットモニター:設定なし
・オートマチックハイビーム:標準装備
・レーダークルーズコントロール:標準装備
・サイド&カーテンシールドエアバッグ:カーテンシールドエアバッグのみオプション

次ページは : ■軽自動車のオススメ TOP3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ