【ランクルプラド BMW CX-3…】ディーゼル大ヒット主要15車 買い度徹底チェック!!


日本でのディーゼル車の売れゆきが好調だ。2018年度上期(4〜9月)の乗用車販売では、ハイブリッド車が伸び悩んだのに対して、ディーゼル車は国産車、輸入車ともに過去最高で、前年比20.1%増を記録した。

非常に厳しい排ガス規制である「ユーロ6」の施行(2014年)、そして翌2015年のVWによる不正発覚が決定打となり電動化の流れが加速する世界の中で、日本のあり方はある意味異様とも取れる。

とはいえ、そんな日本にあっても数年先ディーゼルの売れ行きや価値がどうなっているかは非常にビミョウだ。巷に流れるディーゼルの様々な憶測についてはこちらの記事で詳しくお伝えしているが、欧州を筆頭に世界でまるでディーゼルを駆逐せんとするかのような流れが起きているのは紛れもない事実で、その波に日本が易々と飲まれないとは限らないからだ。

さて、前置きが長くなったが、そんな中で数年後にあっても損のなさそうな「買いのディーゼル車」はどれか? というのがこの記事のテーマだ。

新型D:5からプジョー・ジャガーまで。国産車・輸入車の主要ディーゼル15車が「買い」なのか、「待ち」なのか? 自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に解説・吟味してもらった。

※本稿は2018年11月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月26日号


【解説】 ズバリ! ディーゼル車はいま「買い」なのか?

クリーンディーゼル車は、ガソリン車に比べると設計が全般的に新しい。実用回転域の駆動力が高く、燃費も優れ、しかもディーゼルの欠点とされるノイズや振動を低減させたエンジンが多い。

したがって今のディーゼル搭載車に、設計の古い選ぶ価値の下がったクルマは少ない。

特にマツダは、プラットフォームの種類や車種の数を少なく抑える代わりに、改良を頻繁に行う。ディーゼルエンジンを含めて、性能を常に高く保っているから、安定性や乗り心地も良好だ。2019年にフルモデルチェンジを受けるアクセラを除くと、マツダ車はいずれも選ぶ価値が高い。

マツダ以外のメーカーからは、ディーゼル車がほとんど売られていないが、ランクルプラドは実用回転域の駆動力がかなり高く、悪路走行でも使いやすい。オフロードSUVの性格に合っている。今は悪路向けのSUVが減ったから、ランクルプラドは、ディーゼルの搭載と相まって貴重な選択肢になった。

デリカD:5は発売から12年近くを経過するが、大幅な改良を施して魅力を高めた。

輸入車ではディーゼルを含めてベンツCクラスの運転感覚が上質だ。BMW3シリーズも設計の新しいディーゼルを搭載するが、車両の作りが古い。3シリーズは次期型を選びたい。VWティグアンはディーゼルを含めて新しいが、加速感覚はガソリンに近い印象だ。運転感覚が好みに合えば、選ぶ価値がある。

なおディーゼル車は、高い動力性能と低燃費を両立させるから、中古車市場でも人気を得ている。ガソリン車に比べて新車価格は高いが、売却時も高値になる。

またディーゼル車は新車購入時に、一部の車種は申請をすることで、経済産業省の補助金も交付されるのでお得だ。

■MITSUBISHI デリカD:5

主なグレードの価格:Gパワーパッケージ・4WD 408万2400円

2.2L直4ディーゼルターボ、145ps/38.7kgm、JC08モード燃費13.6km/L

ミニバンでは唯一のディーゼル搭載車になる。マイナーチェンジで2.2Lディーゼルは改良されて最大トルクが36.7kgmから38.7kgmにアップ。尿素SCRシステムや新開発の8速ATも新搭載した。正式発表と発売は2月からとなるが、全国の三菱ディーラーで試乗会を展開中だ。

【買いか? 待ちか?】…オススメ!

次ページは : ■TOYOTA ランクルプラド

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ