140秒で6000台が完売!? ボルボとの共同出資ブランド「Lynk&Co」って何だ??

去る2018年10月19日、富士スピードウェイでちょっと奇妙な試乗会が開かれた。主催したのは、日本では聞いたこともない新興クルマブランド。試乗させたクルマも、日本発売が決定してもいない4ドアセダンなのである。

そんなヘンテコな試乗会の主催者こそが、今回紹介する「Lynk&Co(リンク・アンド・コー。以下、L&C)」。しかしこのL&C、中国自動車大手の吉利(ジーリー)とボルボが共同出資したコネクテッドカーブランドと聞けば、なにやら放っておけない気配が漂ってくる。早速、ポテンシャルを分析してみよう。

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月26日号


■ボルボの土台の上に新しい価値を載せる

L&Cは2016年、ボルボやロータスを抱える中国の自動車グループ「浙江吉利控股集団(編集部註:ジーリーホールディンググループ)」傘下の1ブランドとして誕生した。

会社設立にあたり、吉利では「いま自動車会社を作る意義はなにか」を徹底的に議論したという。その結果たどり着いたのが、車台やパワートレーンといったハードウェアは既存のものに頼り、今後成長の余地がある車体デザインやユーザー体験の領域で勝負しようという戦略だ。

2018年10月19日、富士スピードウェイで派手な発表イベントを行い、デビューを飾ったセダンモデル「03」。日本導入は未定

この戦略自体は、バイトン(編集部註:中国のEVベンチャー)などITの領域で逆転を狙う多くの新興メーカーが選択する手法ではあるのだが、吉利が有利だったのは、運転支援や衝突安全の分野で世界をリードするボルボを傘下に持っていたこと。

かくして吉利は、ボルボの豊かな資産の上に、コネクテッド(繋がる)を軸とした新たな価値を付加した自動車ブランドを興そうとした。こうして吉利とボルボが共同出資を行い、誕生したのがL&Cなのである。

■発売後2分17秒で6000台が完売!

L&Cが初めてクルマを公開したのは、2017年4月に開かれた上海ショー。ヴェールを脱いだのはコンパクトSUV「01」だ。

驚いたのはこの01、ボルボがXC40で初披露するはずの新世代プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」を本家に先駆けて採用、エンジンもボルボの「ドライブE」を用いた最新型(PHVもあり)なのだが、これまたボルボがデビューさせていない1.5L、3気筒モデルを先行搭載してしまうという気合の入った1台だった。

2017年の上海ショーで登場した「01」。顔つきはジュークや3代目マーチを思わせる。わずか2分ちょっとで6000台が完売した

驚くのはそれだけじゃない。L&Cはこの立派な土台の上に、しっかりと新しい価値を乗っけてみせた。

充分に美しく、個性的なエクステリアはもちろん、コネクテッドや自動運転系デバイスもしっかり搭載、さらにカーシェアリングに欠かせないデジタルキーや、サブスクリプション(定額払い利用)といった最新サービスにも対応するという隙のなさで、日米欧の最新モデルにも引けを取らない商品力をアピールしたのだ。

実際この01、「価格は15万8800元~20万2800元(約275万~350万円)」、「オンライン販売のみ」、「永久保証」という条件で発売したところ、開始後わずか2分17秒で初回生産分6000台が完売した。

ジャーナリストの評価も高く、中国の自動車安全性能評価試験である「C-NCAP」では満点の5スター+を獲得するなど、いまや中国の人気SUVの一角を占めるモデルとなっている。

■クロスオーバーとセダンを続けて発売

2018年になって、L&Cは01に続くSUVモデル「02」を投入する。こちらは01よりもわずかにボディが小さく、クロスオーバーSUVという位置づけだが、クルマのなりたちはほぼ01と同じだから、商品力の高さは推して知るべし。ひと言でいえば、ボルボXC40のクオリティが100万円安く手に入るのだから、売れないはずがない(当サイトでも試乗の様子を紹介している)。

小型SUVの「02」。価格は14万2000元(約232万円)〜19万8000元(約323万円)。ワールドプレミア(2018年3月・アムステルダム)に招待された欧州各国のジャーナリストの感想は一様にかつての日本車や韓国車のように欧州車、特にフランス車が駆逐されるのではないかという意見が多かったという

人気のSUVを2台投入したところで、L&Cはセダン市場に打って出た。実は冒頭で紹介した怪しい試乗会とは、この新型セダン「03」の発表会だったのだ。

富士スピードウェイに招かれたのは、中国の報道関係者や有力ブロガーなど数百名(日本のジャーナリストも少数招かれた)。広大なサーキットを派手に飾り付け、日本のバブル期を思わせるような盛大さだったらしい。

発表された「03」はボディ形状の違いこそあれ、これまた01、02と成り立ちは同じ。とはいえ各機能のソフトウェアに関しては、きっちりとアップデートされているはずだから、ユーザー・エクスペリエンスという点では確実に進化しているだろう。

03のシャシー部分。プラットフォームはボルボのCMA、エンジンもDrive-E技術を盛り込んだボルボ製。中央にはPHVのバッテリーが見える

「クルマの土台は長い歴史を持つ自動車メーカーから買い、その上に築くソフトウェアの領域で勝負する」。このビジネスモデルは、今後の自動車業界の中でますます存在感を増してくるように思える。

とはいえクルマのOS(オペレーティング・システム)は、やがてひとつかふたつにされていくはずだから、勝者となれる者は極めて少ない。

ボルボとタッグを組んだL&Cは、その最右翼にいる自動車メーカーなのかもしれない。

03はスウェーデンの強豪チーム、シアン・レーシングと組んで2019年のWTCR(世界ツーリングカー選手権)への参戦が決定済み

〈Lynk&Co 基本データ〉
創業年:2016年
所在地:中国・浙江省(開発拠点はスウェーデン・イェーテボリ)
創業者:安聰慧(アン・コンフイ/吉利汽車CEO)
社名の由来:Link(=つながる)を連想させるLynkとコネクト、コミュニケーションを意味する「Co」の組み合わせ。中国名は「領克」だがあくまで英語が正式表記

〈10秒でわかるLynk&Co〉
■2016年、吉利と傘下のボルボが作ったコネクテッドカーブランド
■「走る」「曲がる」といったクルマの基本要素はボルボの資産を共用
■今後盛んになるシェアリングやサブスクリプション(定額払い)に車両レベルで対応

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ