300km/hオーバーの桃源郷? 高らかに響くV12サウンドに酔いしれた!? アストンマーチン ヴァルキリー試乗で見えた「別世界」とは?

300km/hオーバーの桃源郷? 高らかに響くV12サウンドに酔いしれた!? アストンマーチン ヴァルキリー試乗で見えた「別世界」とは?

 新たなオーナーの元で潤沢な資金を得て生まれ変わろうとしているアストンマーチン。既存のラインナップに加えて、新たに3億円超のフラッグシップ限定車をはじめとしたシリーズを立ち上げる。

 それがハイパーカーの「ヴァルキリー」。そして今回、その高性能版であるトラック専用マシン「ヴァルキリーAMR Pro」が日本上陸を果たした。富士スピードウェイにて行われたシェイクダウン走行の模様をお届けする!

本文、写真/西川 淳

【画像ギャラリー】まるで走る戦闘機!! ドライバーを導く女神アストンマーチン ヴァルキリーAMR Proが日本上陸!!(26枚)画像ギャラリー

■ヴァルキリープロジェクトとは?

ハイパーロードカーであるヴァルキリーよりもひと足先の日本上陸となったアストンマーチン ヴァルキリーAMR Pro。ヴァルキリーをベースにしたサーキット専用マシンだ
ハイパーロードカーであるヴァルキリーよりもひと足先の日本上陸となったアストンマーチン ヴァルキリーAMR Pro。ヴァルキリーをベースにしたサーキット専用マシンだ

 美しきグランドツーリングカー専門のブランドから、F1を頂点とする総合スポーツカーブランドへ。アストンマーチンは今、新たなオーナーの元でサウジアラビアを中心とした豊富な資金を得て、大胆に変わろうとしている。

 それは数年前から始まっていた。まずは既存のラインナップに加えて新たにミドシップカーシリーズを立ち上げるべく、3億円超のフラッグシップ限定車を奇才エイドリアン・ニューウェイとともに作り上げた。それがハイパーカーのヴァルキリーだ。

 さらにその高性能版にしてトラック専用マシン、その名もヴァルキリーAMR Proを発表。続いてもう少し安い、と言っても乗り出し1億円オーバーは確実なミドシップモデル、ヴァルハラ導入を決定し、さらにこの先、まだ見ぬミドシップカープロジェクトが存在するという。

 現在、アストンマーチンのトップを務める人物はアメデオ・フェリーザ。この名前を聞いてピンときた方はかなりのスーパーカー通だ。そう、フェラーリで長年経験を積み、社長まで勤め上げた人物で、ルカ・モンテゼーモロの側近だった人物。

 アメデオはフェラーリ時代のスタッフをすでに何人もアストンマーチンに迎え入れている。もちろん、そこにはオーナーであるローレンス・ストロールの意向もあってのこと。ローレンスはルカのビジネスパートナーとしても知られている。

 要約するとこうなる。アストンマーチンはフェラーリ的ビジネスを目指す。マクラーレンも同じようにフェラーリ的だったが、量販モデル展開ができるという点でアストンマーチンのほうが将来は明るい。

次ページは : ■新生アストンマーチンの始まりを告げる北欧の戦乙女

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します