速くてタフで最高だけどちょっと高い!? 今だから欲しい! ラリーエボリューションモデル3選

速くてタフで最高だけどちょっと高い!? 今だから欲しい! ラリーエボリューションモデル3選

 WRC(世界ラリー選手権)で活躍するラリーカーの市販版「ラリーエボリューションモデル」として、現在、トヨタのGRヤリスが販売されている。しかし過去にも、ランエボやインプレッサWRX、さらに古いところではセリカWRXなど、ラリーで活躍した国産ラリーエボモデルは数多く存在してきた。

 これらは走り、スタイリングなど魅力的な要素が満載だが、今現在、中古車で買うとしたらやはりハードルが高いのだろうか? 価格の高騰具合はどうか、流通する個体数はどうかなどをチェックしながら、これらのラリーエボリューションモデルを手に入れる方法を模索する。

文/フォッケウルフ
写真/トヨタ、三菱、スバル

【画像ギャラリー】ルックスもよくて走りも最高なラリーエボモデルを写真でまとめて見る!(7枚)画像ギャラリー

■憧れのラリーモデルを買う!?

 2022年11月に愛知県と岐阜県を中心としたエリアで、WRC(世界ラリー選手権)の第13戦にあたる、「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」が開催された。カーマニアやモータースポーツファンが熱狂したのはもちろん、TV地上波のキー局でも特集番組が放映されるなどして一般層の間でもかなり話題になった。

 特に活躍が期待されたのは、我らが日本の代表としてWRCに出場を続けているトヨタ GRヤリス。結果は勝田貴元選手が3位入賞するなどファンの期待にしっかり答えている。そして古くからのラリーファンも、今回改めてラリー好きになった人にとっても嬉しいのは、このGRヤリスとイメージを同じくするモデルが実際に市販されていることだ。

 WRCに参戦するラリーカーというのは市販車をベースにしており、参戦するための条件として「ホモロゲーション」モデルを市販しなくてはならない。GRヤリスは、その認可を獲得するために開発・販売されたハイパフォーマンスモデルで、名称は「ヤリス」となっているが、中身のほとんどは似て非なる、まさに「ラリーエボリューションモデル」と言うに等しいモデルである。

土煙をあげて走るラリーエボリューションモデルは、ラリーカーのイメージをそのまま感じさせる!
土煙をあげて走るラリーエボリューションモデルは、ラリーカーのイメージをそのまま感じさせる!

 しかし日本では、このGRヤリス以外にも、過去に数多くの「ラリーエボリューションモデル」が誕生している。こういったモデルの魅力といえば、やはり圧倒的な走行性能であり、迫力のあるルックスであり、さらに言うなら個体数が少ない(レアである)こと。その多くが限定販売であっため、中古車でしか買えない現在、価格が高騰していると考えられるが、はたして現状はどうなっているのか?

次ページは : ■今も強い印象を残すセリカGT-FOURとランエボ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します