エーティーでもエーじゃないか!? ATでも走りを存分に楽しめる国産車5選

エーティーでもエーじゃないか!? ATでも走りを存分に楽しめる国産車5選

「いまさらMTは操作できない」とか、「AT限定免許だから」とか、MT車に乗らない理由は人によってさまざまだろう。しかしそんな人々も、実は内心「普段乗りは楽で快適に……でも走りも楽しみたい!」と思っているはず。

 そこで本稿では、そのようななニーズを満たす、AT車でも走りが楽しめるモデルについてクローズアップしていこう。

文/フォッケウルフ
写真/マツダ、スバル、ホンダ、ダイハツ、スズキ、トヨタ

【画像ギャラリー】ATでも運転が楽しいスポーツモデルを写真で見る!(12枚)画像ギャラリー

■MTが絶滅危惧種となった今、ATはどうか?

 新車市場におけるAT(オートマチック・トランスミッション)車の普及率が約9割となった現代。今やMT(マニュアル・トランスミッション)車で走りを楽しむという風潮は、もはや古い価値観になってしまった。

 言わずもがな、MT車は変速を手動で行うトランスミッションを搭載したクルマであり、ドライバーが加速、あるいは減速したいといった意思に対してダイレクトな操作ができる。さらに、速度に合わせたギアを選択するといった行為もクルマを操っていることを強く実感させ、AT車とは違った運転の醍醐味や面白さを味わわせてくれる。

 しかし一方で、ATと比べて運転操作が煩雑であることや、発進時や渋滞時にスムーズに走り出すために気をつかうこと。さらに、坂道発進ではそれなりの技量が求められることなど、こうした難しさが敬遠されるため、多くの若者たちがAT限定免許の取得を選択する要因のひとつとなっている。

GR86のようなスポーツモデルであっても当然のごとくATの設定があり、それなりに売れている
GR86のようなスポーツモデルであっても当然のごとくATの設定があり、それなりに売れている

 MT車が絶滅危惧種となっている事実は、走りを楽しみたいと考える人にとっては由々しき事態かもしれないが、今どきのATだって侮れない。ひと昔前のATは、トルクコンバーターによる変速時のスリップが駆動ロスを生み、それによる伝達効率の悪さが変速のもたつきや加速の悪さを生み出し、スポーティに走りたいというドライバーの意思に応えられないことが多かった。

■よりドライビングに集中できて運転を堪能できる?

 このウィークポイントを解消したのがロックアップ機構で、トルクコンバーターの油圧クラッチを機械的に固定し、ダイレクトにエンジンの力をトランスミッションへ伝え、トルコンの問題点であった”滑り”を減らしてAT車でもダイレクト感のある走りが可能になった。

 自動車メーカーもより高性能なATを開発するべく技術革新を進め、その結果、現代のような高性能で、走行状況によってはMT車よりもスポーティに走れるほどの進化を遂げている。

クロスオーバーSUV全盛の今、MTが流行ることはなかったが、ATは長足の進歩を遂げている
クロスオーバーSUV全盛の今、MTが流行ることはなかったが、ATは長足の進歩を遂げている

 ATは速度に応じた適切なギアを自動で選んでくれるうえに、レスポンスがよく、エンジンの出力を効率的に伝達できるのが最たるメリットである。さらにスポーツ走行に特化したモードを備えた車種では、加速・減速・旋回が連続する状況において、ドライバーのブレーキやアクセル操作から次の挙動を予見して最適なギヤを選択するという、MT車のお株を奪うような制御ができるものもある。

 結果として、ドライバーはブレーキングとコーナリングにより集中できるから、理想的なコーナリングの成功率が高まり、達成感と爽快感が得られる。運転操作の一部を機械が最適化することで、MT車のような操っている感はやや薄まっているが、AT車でも運転の楽しさは存分に堪能できる。

 それでは「ATでも走りが楽しめる」という観点で、オススメのクルマをクローズアップしていこう。先述のような、レスポンスがいいとかエンジン出力を効率的に引き出せるといったトランスミッションそのものの性能だけでなく、日常的な用途でも便利かつ快適に使えるという要素も踏まえて選抜してみた。

次ページは : ■スポーティな走りが楽しめる国産車たち!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

秋から2024年の注目車がこぞって登場!! ベストカー10月26日号

 10月26日号のベストカーは、みんなの好きなコンパクトSUVに関してBCスクープ班が現在掴んでいる…

カタログ