「SUVが欲しいけど大きくて高いのは…」派に朗報!! 平均年収400万円時代の安くて小さいSUV!!

ekクロス EVが持つSUVテイスト満点のビジュアルに萌える

デカさが正義の時代は終焉を迎える!? 今、小型SUVが超元気だ!!
新開発した総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載して通勤、買い物、送迎といった日常使いに十分な一充電走行距離180km(WLTCモード)を実現したekクロス EV

 日産のサクラとともに軽自動車として初めてカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したekクロス EVも、SUVテイスト満点の軽自動車として人気を集めている1台。2022年6月に発売され、約1カ月で月販売目標台数850台の4倍となる約3400台を受注したekクロス EV。

 いまや三菱に文字通り“顔”となっているフロントデザインコンセプトのダイナミックシールドをはじめとするSUVテイストあふれるアクティブな外観デザインや、軽自動車とは思えない広々とした快適な室内空間などが人気を集める大きな要因だが、他にも日常使いに十分な一充電走行距離180km(WLTCモード)やEVならではの滑らかで力強い走り・圧倒的な静粛性・良好な乗り心地は大きな魅力。

 なかでも特筆すべきは、ガソリンターボモデルの約2倍となる195N・mという最大トルクで街中ではキビキビと思い通りに走り、高速道路では余裕をもってスムーズに合流することも可能だ。

 また、ドライブモードも市街地走行に最適なNORMAL(ノーマル)、モーター出力を抑えて電費を向上させるECO(エコ)、アクセルレスポンスが良く、キビキビ走れるSPORT(スポーツ)を設定し、運転状況に応じて任意で選択することができる。

 補助金を受ければ実質購入金額200万円以下で乗れるEVなんてekクロス EVとサクラくらいしかないんだから、購入を検討している人は早めの決断が吉!?

【画像ギャラリー】デカSUV懐疑派にお薦めの小型SUVをチェック!!(15枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!