トヨタ 新型アルファードは6月!! 2023年トヨタラインナップ分析

トヨタ 新型アルファードは6月!! 2023年トヨタラインナップ分析

 毎月足しげく新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回はトヨタ カローラクロスのビッグマイナーチェンジ時期、次期アルファード発表時期、ホンダのヴェゼルとZR-Vの関係、レクサスの新型コンパクトSUV、ロッキー&ライズの好調の理由…などなど、国内メーカーの「旬」の情報をまとめてお届け!!

※本稿は2022年12月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■トヨタ カローラクロスは2023年秋にもビッグマイナーチェンジ

2023年秋のビッグマイナーチェンジが見えてきたトヨタ カローラクロス(写真は現行型)
2023年秋のビッグマイナーチェンジが見えてきたトヨタ カローラクロス(写真は現行型)

 カローラクロスは半導体不足などによる生産の遅れや人気の高さから、オーダーストップになっています。ところが受注再開は、2023年9月頃に予定しているビッグマイナーチェンジまではしない見通しになっています。

 カローラクロスはこれまでのバックオーダーが約2万台も溜まっているので、この分を生産して納車し終えて、ビッグマイナーチェンジのタイミングで受注を再開する計画のようなのです。

 このマイナーチェンジではヘッドランプ、グリル、シートなど内外装のデザインを変更します。1.8Lハイブリッドは新型プリウスが搭載する改良型を移植する可能性が高そうです。

■トヨタ 次期型アルファードは2023年6月発表の予定

 トヨタは、2023年6月にアルファードをフルモデルチェンジする方向でスケジュール調整をしています。姉妹車のヴェルファイアが設定されるかどうかはまだ明確になっていません。

■2023年5月にレクサス新型コンパクトSUVが発売

 レクサスは、2023年5月に新型コンパクトSUVを投入する方向で開発を進めているようです。レクサスブランドでは最も小さいSUVで、トヨタのヤリスクロスがベースとなります。

 搭載するパワーユニットは1.5Lハイブリッドで、2WDと4WDが用意される見込みです。

■トヨタ 新型クラウンは今後登場するボディタイプの投入時期が大幅に遅れる模様

 2022年7月に発表された新型クラウンクロスオーバーは、累計1万5000台以上と比較的堅調な受注推移を見せており、11月中旬現在の納期は2023年10月と1年近くの納車待ちとなっています。

 新型クラウンは今後、「スポーツ」「セダン」「エステート」と3タイプのモデルを追加していく予定ですが、クロスオーバーの受注が好調で生産が追い付かない状況のため、2023年は追加モデルの投入はなく、2024年に投入時期を遅らせざるを得ない状況になりそうです。

次ページは : ■トヨタ ノア/ヴォクシーとシエンタに納期の差が発生

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ