金メダリストが語る!! GT-Rで筋力をアップ?? クルマに乗りながら健康を考える

 ベストカーで突如として連載が始まった『金メダリスト清水宏保のスベラナイト』。クルマに乗りながら健康や元気を考えるというコンセプトの連載だ。

 1998年長野オリンピックにてスピードスケートで金メダルを獲得など、輝かしい功績を収めた清水宏保氏。現在は札幌市で介護施設を運営するが、クルマが大好きでレースにも参戦中だ。

 そんな清水氏がベストカーに登場。「なぜ清水氏がベストカーに?」と思われるだろうが、とにかくクルマ好きということ、そして編集長の勧誘がキーだったとか??

 クルマに乗りながら健康を考える、第一弾をご覧ください。

文:清水宏保/写真:西尾タクト
ベストカー2019年1月26日号


■自身の経験からも健康とリハビリについて語りたい!!

 皆さんこんにちは。清水宏保です。突然ボクがベストカーに出てくることを不審に思われるかもしれません。

 2017年にVitzレースに出場してから、元々レーサーになりたかったこともあってどんどんクルマにのめり込んでいく毎日。

 ネッツ東京さんにお世話になって富士スピードウェイを走ったらベストカーの編集長がインタビューに来たのがきっかけで、今回出させてもらうことになりました。

Vitzレースに参戦中の清水さん。富士スピードウェイで5速から2速への大胆なシフトダウンをしてしまい、エンジンのカムが破損してしまったほろ苦い思い出も

 あの時の編集長の「清水さん、楽しめましたか?」のひと言には棘を感じました。予選落ちした自分に上から目線で!!

 でも、それほど悪い人ではないことがわかったし、毎号ベストカーを買って読んでいたこともあって、今回GT-R試乗の機会を得ました。

日本一と世界一の共演だ!! 試乗日は晴天で富士山もクッキリ。清水さんスピードスケートのスタートポーズをやってくれました

 ゴーンさんが逮捕されてしまったけれど、こんな凄いクルマを世に送り出したことは評価されていいと思います。ではクルマに乗りながら、健康やリハビリのことを語っていきたいと思います。

 ボクは気管支ぜんそくの持病があって、それを克服するためには体を鍛えなければならないと父が考え、いろいろなスポーツをするように言われました。

 スケートはそのひとつで、体が小さいボクも肺が鍛えられ、だんだん体調がよくなっていきました。

 しかし、高校3年生の時、アルベールビルオリンピックの選考会前日にぜんそくの発作が起き、当日はなんとか滑りましたが、4位に終わり代表になれませんでした。

金メダリストとして屈強な身体のイメージも強い清水さん。しかし実はぜんそくとの戦いをしていたとは驚きだ

 発作が起きると筋力も落ち、力がまったく出なかったんです。

「なんで、俺はぜんそくなんだ」と恨みましたが、ステロイド剤を吸入することで、発作が抑えられることがわかり、体調に自信が持て、トレーニングに集中できるようになりました。

 そして、集中力を高めるトレーニングなども行った結果、長野オリンピックでは金メダルを獲ることができました。

 今でもぜんそく持ちでなかったなら金メダルはなかったと思っています。

■お父さんはケンメリRオーナー、自身もレース留学を検討!?

 父はとにかくクルマ好きでケンメリGT-Rを持っていたこともありました。そんな父の影響もあって小学生の頃からポケバイに乗り、大学生時代はカートに乗りました。

 スケートはやっていましたが、レーサーになりたいと本気で思い、一時は英国への武者修行も考えるほどでした。

 おっと、クルマの話が長くなりました。愛車遍歴などは次の機会にするとして、健康がテーマなので今回は筋力の話をしましょう。

 人間の体は加齢とともに衰えていきます。でもその衰えを緩やかにすることはできます。筋力が落ちると家にこもり、コミュニケーションがなくなり、脳も衰えると、悪循環になります。

筋力が落ちると脳が衰えることに繋がるという清水さん。初めての現行GT-Rについては「マジで欲しくなりました」とのこと。このクルマなら筋肉への刺激も大きそうだ

 逆に例えば脳梗塞で半身マヒになったとしても筋力を鍛えることで回復する例があります。筋力を維持することが健康につながると思います。

 ボクが毎日デスクワークをしている方にお薦めしたいのは、10秒かけてゆっくり立ち上がり、10秒かけてゆっくり座ることです。

 これを1日3回やるだけで下半身が鍛えられます。ジムに通わなくても1カ月で筋力がついたと思えるようになると思います。

 体力に自信が持てると集中力も高まり仕事もうまくいくようになるかもしれません。ぜひ試してみてください!

最新号

ベストカー最新号

次期フィットにタイプRも!? ホンダ新車戦略|ベストカー 7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ新車戦略において、との情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、集中BIG特集MAZDA vs. SUBARU、国産SUV&クロスオーバー最新ランキングとも…

カタログ