【マーチ、ハスラー、コペン…可愛い大集合】 クルマ界のゆるキャラGP


「ゆるいマスコットキャラクター」、通称「ゆるキャラ」や、ご当地キャラ(ゆるキャラとほぼ同じ扱い)は、今やイベントなどでは欠かせない重要なものとなっている。

そんなゆるキャラ的立ち位置のクルマが、我らがクルマ界にもいるはず! そしてそんなクルマが、可愛く自己紹介したらどうなるのか!? という担当の妄想(?)から始まったこの企画。

今回「ゆるキャラカー」たちを選出してくれたのは、自動車評論家陣きってのデザイン通、清水草一氏。今昔問わずでチョイス、ネーミングしたなかから、栄えある(?)グランプリに選んだクルマもご紹介!

※本稿は2018年12月のものです
ゆるキャラカー選定・愛称ネーミング・自己紹介プロデュース:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年1月10日号


■[ブクブク] ホンダZ(初代)

「リアウィンドウが水中メガネみたいな僕だけど、実は水の中は苦手。水に潜るとブクブクいって溺れちゃう。だから名前はブクブクっていうんだ。前を向いてるより後ろ姿に人気があるから、いつも後ろを向いているんだよ」

●ゆる度…★★★★☆

■[クッペン] マツダ R360クーペ

「ボクはクッペン! 東洋工業が初めて作った自動車がボクなんだ。ボクがあまりにもかわいいから、走ってると、みんな笑顔になってくれるんだ。車名に「クーペ」とついたのも、国産車ではボクが初めてなんだよ。エッヘン!」

●ゆる度…★★★★★

次ページは : ■[がるーん] マツダ オートザム AZ−1

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ