ロードスター対アバルト 何が違って何が同じ!?差額100万円以上!!

古くはマークII、チェイサー、クレスタが“マークII 3兄弟”と呼ばれたように、さまざまな部分を共用する兄弟車・姉妹車は今も昔も多い。直近ではトヨタのスープラとBMWのZ4のような例もトピックで、異なるメーカーながら基本部分を共用する姉妹車も出てきた。

メーカーが異なる姉妹車といえば、マツダ ロードスターとアバルト 124スパイダーもそのひとつ。この2台の市販車と競技車を乗り尽くしてきたレーシングドライバーの山野哲也氏が、両車の似ている部分と異なる部分を解説する。

語り:山野哲也
写真:編集部
ベストカー 2019年2月10日号


似ているのは「懐の深さ」

ご存じ国産FRオープンの雄、ロードスター。現行モデルではフィアットとの技術提携により、同車をベースに姉妹車の「アバルト 124スパイダー」が誕生した

ロードスターとアバルト124スパイダーは、日本とイタリアのミックス車であることが、まず凄いんです。

トヨタのスープラとBMW Z4にしても、86とBRZにしても中身は同じ。それが普通ですが、この両車はエンジン、ターボを含むその補器類、クラッチなどは別のものを使っています。それをマツダの工場の同じラインで流して生産できているのが凄い。相当苦労して合わせているはずですよ。

ドア、前後フェンダー、ボンネット、トランクリッドなど外板パーツもすべて別。124スパイダーは1970年代の124スパイダーの雰囲気を出すために、わざわざフレームを溶接してフロントのオーバーハングを伸ばしているし、サスペンションもスプリング、ダンパー、スタビライザーなどが全部異なります。だからあんなに違った印象になるんです。

では、両車の走りはどうかというと、似ているのは懐の深さ。ロールやピッチングの量は違うんですが、タイヤと路面の接地性能はどちらも高くて、FRの後輪駆動車と思えないほどトラクション性能がよく、大きな舵角になってもフロントがしっかり食いついていてアンダーステアになりにくい。そこはよく似ていますね。

明確に違う足回りの味付け

ロードスターっぽさをあまり感じさせないルックスのとおり、走りも差別化されているアバルト 124スパイダー。全長もロードスターより145mm長い

でも、サスペンションのセッティングは明確に異なっていて、ひと言でいうと、ロードスターはロールさせて走り、124スパイダーはロールさせないで走るクルマ。

124スパイダーはカートのような走りを得意としていて、ハンドリングは「レスポンスの124、粘りのロードスター」という感じです。

124スパイダーのほうがオーバーハングが長いので、俊敏性では劣るように思うかもしれません。確かに慣性は残りやすいんですが、その半面、タイヤに荷重が載りやすく、タイヤを潰しやすいのでコーナリング初期のグリップ力を出しやすいんです。

一方のロードスターはタイヤのグリップ力が出るタイミングは124より少し遅いけど、曲がり始めてからの粘りがある。その違いです。

ロードスターは軽いぶんタイヤに荷重が載りにくいからロールをさせて、124はロールが大きいとタイヤに荷重がかかりすぎるので足を固める。それぞれに理由とよさがあるセッティングなんです。

ただし、サスペンションのジオメトリーは同じで接地性は変わらない。だから懐の深さは共通しているんです。

エンジン含め両車は「まったく別のクルマ」

端的に分かりやすい両車の違いがエンジン。NAのロードスターとターボのアバルト。それぞれが独自のエンジンを用意する姉妹車としては珍しい差別化だ

エンジンはNA(ロードスター)とターボ(124スパイダー)ですから使う回転域がまったく異なります。ロードスターは高回転まで回して走り、124スパイダーは回転を抑え、ターボの効きがいいといころを探して走る。

ジムカーナの同じコースを走っても、ほとんどのところで124スパイダーはロードスターよりも1速高いギアで走れます。シフト操作が忙しくないのはドライバーとしてはありがたいですね。

ただ、ロードスターのエンジンも高回転の伸びがよく、回す楽しさや気持ちよさがあるのでどちらがいいとは言えません。NAエンジンとターボエンジンの特徴がそれぞれしっかり出ているということですね。

ロードスターと124スパイダーは、ベースは同じだけど、見事にキャラクターを作り分けています。2台を乗り比べると、まったく別のクルマだと感じますよ。

だからこそ、両車ともに大きな価値があるのだと思いますね。

■マツダ ロードスター S スペシャルパッケージ(6MT)

全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm
ホイールベース:2310mm
車重:1010kg
エンジン:直列4気筒DOHC、1496cc
最高出力:132ps/7000rpm
最大トルク:15.5kgm/4500rpm
価格:275万9400円

■アバルト 124スパイダー(6MT)

全長×全幅×全高:4060×1740×1240mm
ホイールベース:2310mm
車重:1130kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ、1368cc
最高出力:170ps/5500rpm
最大トルク:25.5kgm/2500rpm
価格:398万6000円

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ