【懐かしい!? 意外!?】厳選 平成を彩った国内×海外メーカー姉妹車たち


2019年1月、デトロイトモーターショーにて世界初披露され、日本での正式発売を待つばかりとなった新型スープラ。

ところで今回のスープラ、BMWとの協業によりZ4との「姉妹車」となることを知った時、正直ガッカリしてしまった人も多いのではないだろうか。「トヨタ(もしくは国産)純正のスープラであってほしかった」と。

コスト低減のため、開発したプラットフォームを他車種間で流用し「高効率化」を図ることは、いまや珍しいことではなくなった。スープラとZ4のように、異なるメーカーながら、基本部分を共用する姉妹車も出てきてきた。

今後もスープラとZ4のようなケースは増えていくだろう。ならば、殊更にガッカリしてしまうよりは「どちらが素材となる部分の魅力を引き出しているのか」はたまた「あのクルマとあのクルマが姉妹車になったら…?」なんてとりとめのない想像をしてみるのも面白い。

そこで今回は、国内メーカーと海外メーカーによる(ちょっとマニアックな)平成の姉妹車たち18台をご紹介してみたい。

※本稿は2019年1月のものです
文:永田恵一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年2月10日号


■トヨタ アイゴ × プジョー 107 × シトロエン C1

欧州において現在のVW UP!やフィアットパンダなどが属するAセグメント参入を目論んだトヨタが、思惑が一致したPSA(プジョーシトロエン)と合弁会社TPCAを設立し、誕生した三姉妹。開発はトヨタ主導、生産はTPCAのチェコ工場で行われ、2001年登場の初代モデル(写真)、2014年登場の2代目モデルという歴史を持ち、現在もこの関係は続いている。

■ホンダ コンチェルト × ローバー200

ホンダとローバーが1979年から1994年まで結んでいた資本提携から誕生した姉妹車。ベースは4代目シビックであったが、コンチェルトは「大人が乗れる小型車」と一時期注目を集めた。姉妹車には珍らしく日本生産と欧州生産と分かれており、サスペンション形式も異なった。

次ページは : ■ホンダ アスコットイノーバ × ローバー600

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ