新型プリウスの納期は今注文すると1年待ち!? 年末に予約した人は最短で2023年3月末か!? 

新型プリウスの納期は今注文すると1年待ち!? 年末に予約した人は最短で2023年3月末か!? 

 2023年1月10日に発売された新型プリウス。すでに2022年12月末から予約受注が始まっているというが、1月15日現在、新型プリウスの受注状況はどうなっているのか、また見積もり額がいくらなのか、紹介していこう。

※本記事は筆者が独自調査し記事化したもので、内容は時期、地域によって異なる場合がありますのでご了承ください。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ

■すでにが注文が殺到しており、1月15日以降に契約しても年内の納期は厳しいかもしれない

プリウスのカタログとは思えない(?)、めちゃくちゃカッコいい新型プリウスのカタログ。1月10日から配布されているので興味ある人はぜひ!
プリウスのカタログとは思えない(?)、めちゃくちゃカッコいい新型プリウスのカタログ。1月10日から配布されているので興味ある人はぜひ!

 2023年1月10日に発売された新型プリウス。価格はすでにご存じの方も思いますが、改めて紹介しておこう。

●2Lハイブリッド
Z 2WD=370万円、E-FOUR=392万円
G 2WD=320万円、E-FOUR=342万円
●1.8Lハイブリッド(KINTO専用グレード)
U 2WD=299万円、E-FOUR=321万円

 まず、トヨタモビリティ東京店に訪れたのは2022年12月23日。この段階では価格は教えてくれたものの、カタログはなく、タブレットによって写真とグレード、装備などの説明を受けた。

 最も売れ筋モデルになりそうなGグレード、2WDと上級グレードのZグレード、2WDの見積もりをとってもらった。

Gグレード(アッシュ)。LEDランプや19インチホイールが標準
Gグレード(アッシュ)。LEDランプや19インチホイールが標準

 まずは最量販グレードとなりそうなG(2WD)グレード。1.8LのKINTO専用グレードを除けば最も安いグレードとなり、なるべく安く価格を抑えて購入したい人におススメのグレードだ。

■プリウス G 2WD 車両本体価格=320万円
・ボディカラー、プラチナパールホワイトマイカ:3万3000円
・パノラミックビューモニター:6万500円
・ETC2.0ユニット(VICS機能付き):2万7500円
メーカーオプション計:12万1000円
・ETC2.0セットアップ:2750円
・フロアマット・デラックスタイプ:2万5300円
・付属品その他計2万8050円
・税金法定諸費用合計:約13万円
●支払総額合計:346万9760円

※195/60R17タイヤ+ダークグレーメタリック塗装の樹脂製ホイールキャップの付く6.5J×スチールホイールがメーカーオプション、マイナス11万2200円で選べるので、選択した場合支払総額は335万7560円となる

 GグレードにはZと同じ195/50R19Rタイヤ+6.5J×19インチのアルミホイールやLEDのヘッドランプ&ターンランプ&クリアランスランプ&デイライトは装備されているものの、LEDアクセサリーランプやパワーバックドアが装備されず、フロントロワグリル&リアバンパーロワ&センターピラーガーニッシュ、ホイールアーチモールディングが艶なしタイプ、フロントウインドウのガラスはスーパーUVカット&IRカット機能レスとなる。

Zグレードに標準の12.3インチのディスプレイオーディオ
Zグレードに標準の12.3インチのディスプレイオーディオ

 さらにインテリアでは、ディスプレイオーディオが、12.3インチのZグレードに対し、Gグレードは8インチ(ディスプレイオーディオPlus装備不可)となり、ZはナノイーX、ワイヤレス充電器、パノラミックビューモニター(Gは8万8000円のオプション)を標準装備。またZにメーカーオプションと用意されるパノラマルーフ(手動サンシェード付き、13万2000円)はGでは選べない。

Gグレードに標準の8インチディスプレイオーディオ
Gグレードに標準の8インチディスプレイオーディオ

 そのほか、自動防眩インナーミラー→防眩インナーミラー、タッチセンサー付き合成皮革3本スポークステアリング→合成皮革3本スポークステアリング、イルミネーション加飾付きインストルメンタルパネル→シルバー塗装インストルメンタルパネル、サテンメッキ加飾シフトノブ→艶ありブラック加飾シフトノブとなる。

 さらにZグレードはフロントドアトリムがソフトタイプ、インサイドドアハンドルやパワーウインドウスイッチがサテンメッキ加飾→Gはブラックとなり、ドアアームレスト表皮(合成皮革巻き)がGはフロントのみとなる。

 シートは、2グレードともに前席シートヒーター(3段階温度調整機能付き)を装備するものの、Zが運転席8ウェイパワースポーティシート&合成皮革シート表皮、運転席オートスライドウェイ、運転席ランバーサポート、前席シートベンチレーションが装備されるのに対し、Gは運転席6ウェイマニュアルスポーティシート&上級ファブリックシート表皮と差が大きい。

 安全装備についてはトヨタセーフティセンスのうち、Gグレードは緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付き)+フロントクロストラフィックアラート(FCTA)+レーンチェンジアシスト(LCA)が装備されない。また、駐車支援装置のトヨタチームメイト(アドバンスドパーク)もZに標準装備となる。

Zグレードのコクピット
Zグレードのコクピット

 ざっと、ZとGグレードの装備差を挙げてみたが、この内容でZとGの50万円という価格差はどうなのだろうか?

 営業マンの話では「装備の内容を考えると50万円高くてもZグレードをおススメします。Gグレードはメーカーオプションで選べるものが少ないですし、先進装備が付いているという満足感を考えるとやはりZグレードをおススメします」。

 Gグレードの見積書では総支払総額合計は346万9760円となった。プリウスが350万円かと、かなり高くなったと思うかもしれないが、1.8Lから2LになってGグレードでも前モデルと比べると装備は充実しているので値段相応といえそうだ。

 もっと安く買いたいという人は、195/60R17タイヤ+ダークグレーメタリック塗装の樹脂製ホイールキャップの付く6.5J×スチールホイールがマイナス11万2200円でメーカーオプションとして選べるので(実質11万2200円安く買える)、19インチではなく、17インチで十分という人には、こちらをおススメしたい。

スチールホイールにガンメタの樹脂製ホイールキャップが付く17インチホイールはマイナス11万2200円のメーカーオプション。ボルトが見えず、かなりカッコいいので一石二鳥か
スチールホイールにガンメタの樹脂製ホイールキャップが付く17インチホイールはマイナス11万2200円のメーカーオプション。ボルトが見えず、かなりカッコいいので一石二鳥か

次ページは : ■最上級グレードのZグレードの見積もり

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ