【めでたいこともあれば! 悲しいこともあった!!】 平成クルマの事件簿 20選


■ゴーン氏 日産をV字回復(平成12(2000)年3月)

2兆円という有利子負債のあった日産に送り込まれたゴーン氏はリストラなどの合理化により、わずか1年で赤字続きだった日産の経営を黒字化した。

■編集部ヒキコモゴモ
U「あれだけリストラして工場潰せばV字回復も当たり前という人もいるよね」
B「でも、ゴーン氏が来たから、魅力ある日産車が生まれたということもありますよ」

■フィットが販売台数でカローラの34年連続1位を阻止(平成14(2002)年12月)

日本の年間販売台数は1969年以来33年連続でカローラが1位だったが、2002年に登場したフィットがカローラのV34を阻止した。

ホンダ フィット

■編集部ヒキコモゴモ
B「これは大きな出来事。フィットが新しい国民車になった、ということの証です。最近は苦戦していますけど」
U「クルマ界は浮き沈みは激しいから、油断したらすぐ負けちゃうんだよ」

次ページは : ■280ps自主規制撤廃(平成16(2004)年7月)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ