世界一複雑な高速道路「首都高」の魔の要注意ポイント5選と安全な攻略方法

世界一複雑な高速道路「首都高」の魔の要注意ポイント5選と安全な攻略方法

 首都高速道路、いわゆる「首都高」での運転は、ベテランドライバーであっても、緊張するという人が多いと思う。カーブや分流、合流が多いため、ちょっと見落とすと目的地が遠ざかるというだけでなく、急に前が詰まったりするため、ほんの少しの油断が、事故につながってしまう可能性がある。

 渋滞の発生しやすい場所や分流、合流のある場所では、道路標識や看板などで注意を呼びかけてはいるが、やはり、交通事故が多発しやすい「魔のポイント」はある。首都高速道路が公開している、首都高の要注意ポイントをご紹介しよう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_ Paylessimages
写真:首都高速道路株式会社、写真AC

下り坂と左コーナーが同時に!! 「4号線下り 西新宿ジャンクション付近」

 まずご紹介したいのは、首都高4号線下り、西新宿ジャンクション付近の、坂道を下りながら左に曲がるコーナーのポイントだ。下り坂のためスピードがのりやすく、またコーナーのRもきついので、目の前に側壁が迫ってくる感覚に陥って急ブレーキをかけるドライバーも多いため、十分に車間距離をとっていないと、追突事故になりかねない。このような下り坂のきついコーナーでは、慌ててブレーキをかけて後続車を混乱させないよう、早めの減速と十分な車間距離が何よりも重要だ。

首都高4号線下りにある西新宿ジャンクション付近。下り坂のためスピードがのりやすく、またコーナーのRもきついので、目の前に側壁が迫ってくる感覚に陥って、急ブレーキをかけるドライバーもいる
首都高4号線下りにある西新宿ジャンクション付近。下り坂のためスピードがのりやすく、またコーナーのRもきついので、目の前に側壁が迫ってくる感覚に陥って、急ブレーキをかけるドライバーもいる

2重3重の激しい合流が!! 「3号渋谷線上り 用賀本線料金所付近」

 日本の大動脈ともいえる東名高速道路と首都高速をつなぐ、用賀料金所。渋滞が起きやすいポイントとして有名なポイントだが、用賀料金所を通過した直後、本線を走ってきたクルマと、用賀料金所の手間から合流してきたクルマ、そして休憩所から出てきたクルマが、本線2車線へと一気に合流する。

 しかも、本線の右車線側は、本線の追い越し車線を走るクルマがそのまま直進するため、左車線側へ、2重3重の激しい合流が行われる。筆者もよく通過するが、ここではひと際、気を引き締めている。周囲のドライバーと空気を読み合いながら、タイミングよくジッパー合流できないと、交通の妨げとなってしまいかねない。

首都高3号渋谷線の用賀料金所を過ぎた直後は、クルマが本線2車線へと一気に合流する場所。左車線側へ、2重3重の激しい合流となる
首都高3号渋谷線の用賀料金所を過ぎた直後は、クルマが本線2車線へと一気に合流する場所。左車線側へ、2重3重の激しい合流となる

次ページは : 4車線が1-2-1車線へと分岐する「6号向島線下り 江戸橋JCT-箱崎JCT」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!