SUVが速くて何が悪い! パジェロとエクストレイルが繰り広げた280馬力の頂上決戦!

SUVが速くて何が悪い! パジェロとエクストレイルが繰り広げた280馬力の頂上決戦!

 いまや激速SUVは珍しくないが、日本でSUVのパワーウォーズが始まったのは1990年代のこと。なかでもパジェロ エボリューションとエクストレイルGTによる280馬力対決は、スポーツカー顔負けのハイレベルなものだった。当時を知る片岡英明氏がその興奮を語る!

文/片岡英明、写真/MITSUBISHI、NISSAN

■ジープの系譜を受け継いだ三菱 パジェロ

1982年5月に発売された三菱 パジェロ。タフでありながら洗練されたデザインで大ブレイクした
1982年5月に発売された三菱 パジェロ。タフでありながら洗練されたデザインで大ブレイクした

 前後の車輪に駆動力を与え、道なき道を踏破できるようにしたクロスカントリー(クロカン)4WD。1980年代までSUVはこう呼ばれ、山間部の建設現場などハードなステージで使われる特殊用途のためのクルマだった。

 悪路や急勾配の坂道での走破性を高めるためにハイ/ローのギア比を持つ副変速機を備え、ボディも強靭なフレーム構造としている。

 このクロカン4WDの世界を大きく変え、新時代の扉を開いたのが三菱のパジェロだ。ジープの流れを汲むタフなメカニズムに洗練されたデザインを組み合わせた。1982年5月に発売され、大ブレイク。パリ-ダカールラリーでも華麗な戦績を残し、知名度を高めている。

 1991年1月には第2世代にバトンタッチし、パジェロは快適性と走りのポテンシャルを大幅に引き上げた。

 4WDシステムは、フルタイム4WD、直結4WD、2WDを自在に選択できる先進的なスーパーセレクト4WDへと進化している。またJトップを設定するなど、バリエーションを拡大し、選択肢を増やした。見栄えや内外装の質感も世界トップレベルだ。

 この時期、三菱は時代に先んじてクロスオーバーSUVも送り出している。乗用車のモノコックボディやサスペンション、パワーユニットなどを使ってオンロード性能を大幅に向上させたRVRだ。

 パジェロに1カ月遅れて登場したRVRは、フルタイム4WDを中心として積極的にバリエーションを拡大していった。真打ちは、94年9月に加えられたスーパースポーツギアと電動オープントップを採用したスーパーオープンギアだ。

 2Lの4G63型直列4気筒DOHCターボは4速ATとの組み合わせで230ps/29.5kg-m(スーパーオープンギアは220ps/30.5kg-m)を発生する。

 が、これは序章に過ぎなかった。セダンやクーペと同じように、自主規制枠いっぱいの280psを発生するモンスターSUVが、RVRの後に出番を待っていたのである。3年後の1997年9月、刺激的なハイパフォーマンスエンジンを積んだモンスターがベールを脱いだ。それが「パジェロ・エボリューション」だ。

次ページは : ■パリ-ダカの公認取得のために生まれた「エボリューション」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!