マツダCX-90が北米で誕生……となれば気になる「国産3列シートSUV」選手権!

マツダCX-90が北米で誕生……となれば気になる「国産3列シートSUV」選手権!

 北米マツダが3列シートSUVのCX-90をワールドプレミアしたが、日本では今後ブランニューモデルのCX-80が現在のCX-8に代わってマツダ最上級SUVとなる予定だ。そこで、現在日本国内で買うことのできる3列シートSUVを総評してみた。

文/渡辺陽一郎、写真/マツダ、ベストカー編集部

■日本国内では新たにCX-80が3列シートSUVとして投入予定

北米で発表されたワイドボディを持つ3列シートSUV、CX-90。日本にはこのナローボディ版となるCX-80が今後、登場を控えている
北米で発表されたワイドボディを持つ3列シートSUV、CX-90。日本にはこのナローボディ版となるCX-80が今後、登場を控えている

 今はSUVの人気が世界的に高く、日本でも新車として売られる小型/普通車の約30%を占める。25%のミニバンを抜いた。

 そこで各メーカーともSUVの開発に力を注ぎ、マツダは北米などの海外市場で販売するCX-90を発表した。海外向けの最上級SUVとあってボディは大きく、北米仕様は全長が5120mm、全幅は1970mm、全高は1730mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は3120mmと長い。

 CX-90のパワーユニットはCX-60と基本的に共通で、直列6気筒3.3Lガソリンターボと直列4気筒2.5Lプラグインハイブリッドの搭載が公表されている。プラットフォームもCX-60と同じで、後輪駆動をベースにしたタイプだ。

日本市場で現在のマツダのフラッグシップSUVは3列シートモデルのCX-8。今後、この後継モデルとしてCX-80が投入される
日本市場で現在のマツダのフラッグシップSUVは3列シートモデルのCX-8。今後、この後継モデルとしてCX-80が投入される

 日本国内ではCX-90は発売されず、CX-80がCX-8の後継車種として投入される予定だ。パワーユニットは、直列6気筒3.3Lクリーンディーゼルターボなど、CX-60を踏襲する。

 CX-80は、CX-90の幅を狭めた仕様になる可能性が高い。従来から販売されているCX-8も、海外仕様のCX-9をベースに全幅を狭めて開発された。同様の関係がCX-60とCX-90にも当てはまる。

 そうなるとCX-80の全長/全幅/全高はCX-90と同等か、少し短く抑える程度だ。全幅はCX-60と同じ1890mmで、CX-90に比べると80mm狭まる(※編註:ベストカー本誌ではCX-80のボディサイズは全長4950×全幅1890×全高1720mmと予想。これはCX-8より全長で+25mm、全幅で+45mm、全高で=10mmとなるが、ほぼ同サイズとなる)。

 CX-80で注意したいのはボディサイズだ。前述のとおり、CX-90と同じなら全長は5120mmで、ホイールベースも3120mmに達する。CX-8の全長は4925mm、ホイールベースは2930mmだから、後継のCX-80はそれぞれ190mm長くなる。

 CX-80のボディが長くなるのは、後輪駆動を採用するからだ。2列シートのCX-60も、後輪駆動の採用により、室内空間が同程度のCX-5に比べて、全長とホイールベースが約170mm上回る。

 3列シートのSUVに、エンジンを縦置きにしてボンネットの長い後輪駆動を組み合わせると、全長が5m以上に達することが多い。ランクルプラドのように、全長を5m以下に抑えた後輪駆動の3列シートSUVもあるが、あくまでも少数派だ。

次ページは : ■快適な3列シートSUVはどれだ!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!