「キャディバッグがこんなに載るの!??」実はゴルファーご用達の国産車たち

「キャディバッグがこんなに載るの!??」実はゴルファーご用達の国産車たち

 例えば敷地の広さを「東京ドーム何個分」と言い表すように、クルマの荷室のサイズを測るものさしとして使われるのがゴルフのキャディバッグだ。ゴルフをプレーしない者にとっては、「キャディバッグが何本入るとか、そんなの知らんわ!」という声が聞こえてきそうだが、自動車メーカー各社は、自動車保有率が高いゴルファー層からの支持を獲得すべく、ラゲッジスペースにおけるキャディバッグの積載性を大いに意識しているのは間違いないだろう。

 そのためなのか、世の中には荷物のベンチマークであるキャディバッグの積載を意識したであろう意外な“ゴルファー仕様”のクルマも少なくない。もちろん、大きなキャビンやラゲッジルームを持つ1BOX、SUVを選べばスペースの心配など無用だろうが、積載性能のみで愛車を選ぶのもなんだかつまらない。「ワタシ、キャディバッグを載せると凄いんです」なラインナップを探ってみた。

文/藤井順一、写真/藤井順一、スズキ、トヨタ、ホンダ、マツダ

載せられるキャディバッグのサイズ、〇型、〇インチ、って何だ?

キャディバッグがこんなに載るの!? 隠れゴルファー御用達車はこれだ!! ゴルフ=輸入車はもう古い!?
前に伸びた脚で地面が平坦でなくても自立させやすいスタンド式は、セルフプレー(キャディが帯同しない)が中心の欧米で人気。ナイロン製など小型、軽量なものが多い

 キャディバッグと一口に言っても、そのサイズは大型のものから、小ぶりなタイプまで実はさまざまだ。大きくはカートタイプと呼ばれる円筒状で直立するモデルと、スタンドタイプと呼ばれる、格納式の脚で支えて斜めに立つモデルがあり、一般にカートタイプのほうがサイズや重量ともに大きめで、スタンド式は比較的軽量なものが多い。

 標準的なキャディバッグは、3kg前後の重量(クラブを含む総重量は10kg前後)で、8.5型の口径。口径とはクラブを挿し込む楕円形の口枠部分の縦の長さを表したもので、8.5型なら、8.5インチ(1inch=2.54cm、約22cm)を意味する。

 プロゴルファーなどが使用する大容量タイプで10型、ゴルフ用の乗用カートに載せずに自身でかついでプレーしやすい軽量なタイプで7型と幅があり、口径が小さいほどサイズも小ぶりとなる。また、対応可能なクラブの長さとして「47インチ対応」と、ルール改正以前の長尺クラブの長さに対応できることを表記している場合もある。

 キャディバッグが積めるクルマを考える時、実はこうしたバッグのサイズ選びも大きなポイントで、「何型までは積める」、「ドライバーやウッド類を抜けばトランクに入る」といった情報を確認し、クルマに合わせたキャディバッグを選ぶことで、かなり車種の選択肢を広げることができる。

次ページは : ゴルフ車としての必要条件は、キャディバッグが横置きできること

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します