レグナムにディアマンテ……消えてしまったのが惜しすぎる! 存在感のあった「三菱車」3選

レグナムにディアマンテ……消えてしまったのが惜しすぎる! 存在感のあった「三菱車」3選

 ミラージュにeKクロススペースなど現在は生産終了してしまったが、まだまだ三菱車には消えてしまった名車が多く存在する。ここではなかでもキラリと光ったモデル3台を紹介してみたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車、ベストカー編集部

■高級感あふれる8代目ギャランのワゴンモデルがレグナム

後期型レグナムVR-4。写真はタイプSだが、AYCが設定されないタイプVには5MT車の設定もあった
後期型レグナムVR-4。写真はタイプSだが、AYCが設定されないタイプVには5MT車の設定もあった

 まずはレグナム。8代目ギャランのステーションワゴン版として1996年に登場したミドルサイズワゴンだったが、当時はマイチェンして2Lターボで280psを国産モデルで初めて達成した2代目レガシィツーリングワゴンを筆頭に、事実上のスカイラインワゴンだったFR方式の初代ステージア、アメ車的な雰囲気を持った2代目のアコードワゴンなどワゴンモデルの百花繚乱時代。

 そんななかで登場したレグナムだが、ランエボIVばりとなる駆動配分システムのAYCを備えた最上級グレードのVR-4は、ギャランVR-4と同じメカニズムを持った4WDターボワゴンとして独自の存在感を発揮。直噴の直4、2LのGDIエンジン以外に前述のVR-4用の2.5LV6ターボ、さらにV6の2.5L&2LNAを設定していた。

 上質感のあるインテリアと当時のレガシィツーリングワゴンGTの280ps/34.5kgm(MTモデル)を凌ぐ280ps/37.0kgmを叩き出したVR-4が持つ走りのイメージもあり、特に前期型は販売も好調だった。内外装の高級感もあり、当時は女子ウケもかなりよかったんだそうな。

 余談だが、2000年当時にランエボVIトミーマキネンエディションに乗っていた腕が未熟な担当は、このレグナムVR-4に首都高で激しくあおられた記憶があり、「レグナムVR-4、マジでこえー!」と本気でトラウマになった記憶があったりする……。

■ランエボと同じ4G63ターボを積んだ初代RVR!

初代RVRスポーツギア。スーパースポーツギアはボンネットにエアスクープを備え、ランエボと同じ4G63ターボエンジンを搭載していた
初代RVRスポーツギア。スーパースポーツギアはボンネットにエアスクープを備え、ランエボと同じ4G63ターボエンジンを搭載していた

 続いては初代RVR。1991年に初代モデルが登場したSUV風のトールワゴンだったが、1994年のマイチェンで4G63ターボエンジン搭載車、「スーパースポーツギア」を追加したことがこのクルマのイメージを一変させた。

 スーパースポーツギアの設定当時、5速MT車が230ps/29.5kgm、4速AT車が220ps/30.5kgmだったが、同年に登場した同じ4G63ターボを積むランエボIIは260ps/31.5kgmだったから、背の高いSUVモデルとしてはスペック的にほとんど遜色がないことがおわかりいただけるだろう。

 なぜ、RVRが担当の記憶に残っているかと言えば、社有車として乗ったことが忘れられないからだ。なんせアクセルを深く踏み込めば、どこまでも加速してすっ飛んでいきそうなくらいのパワー感があったから。とはいえ、その代償として燃費はめちゃ悪く、飛ばすとリッター5km/Lくらいだったような……。

 その後、さらに過激なエアロに身を包んだ「ハイパースポーツギア」を1997年1月に設定し、わずか10カ月後の同年11月には2代目RVRにバトンタッチしたが、ここまで過激なクロスオーバーSUVは後にも先にも国産ではなかった気がする。

次ページは : ■初代ディアマンテはスタイリッシュな2.5LアッパーミドルHTとして席巻!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!