【サニー シルビア ラシーン…】今こそ復活してほしい日産の名門ブランド 6選


 長い間、日本でもっとも熱い心を持つファンに愛されていると言われていた自動車メーカーは、日産だった。

 ここ最近「熱心なファン」というとスバルやマツダのイメージが強いが、それでもクラシックカーのイベントを覗くと、スカイラインやフェアレディZに代表される日産車が数多く参加している。旧車系のイベントによっては日産車の割合が50%を超えることも珍しくはない。

 そのいっぽうで、ここ最近「ブランド復活」が日本新車市場でひとつのトレンドを形成している。トヨタはスープラを復活させたし、ホンダもインサイトを再登場させた。

 だからこそ強く思う。ブランドや車名を復活させるなら、日産こそやってくれないか、と。

 デトロイトショーのプレスカンファレンスでトヨタの豊田章男社長が高らかに「Supra is back!!(スープラが帰ってきた!!)」と宣言した。日産もぜひ、今こそ「Back!!」を宣言してほしい。

 以下、そんな今こそ復活を検討してほしい車種を選んでみました。

文:片岡英明


■テラノ 1986~2002年

写真は1987年仕様の2ドア(3ドア)モデル。当時クロカンブームであったが赤いボディカラーを積極的に販売しているモデルは少なく、その中でもテラノの赤はよく見かけた

 タフなダットサントラックのメカニズムを用いた都会派のSUVがテラノだ。1986年に登場したが、メカニズムだけでなくカリフォルニア発信の粋なデザインも話題をまいている。

 ストレート基調の力強いフォルムの2ドアステーションワゴンで、3年後には4ドアモデルも登場した。

 パワーユニットも多彩だ。ディーゼルターボに加え、上質なパワーフィールのV6エンジンも設定している。初代モデルは副変速機付きのパートタイム4WDだった。

 その2代目は1995年に登場し、駆動方式は電子制御トルクスプリット4WDのオールモード4×4に進化している。エクストレイルの販売が好調だったため、日本では2002年8月に生産を終了した。

 が、いまやプレミアム志向のクロスオーバーSUVが人気だからテラノを復活すればヒット作になるだろう。不安定なイギリス工場をたたみ、新世代のテラノを日本で生産するのである。エクストレイルの上級仕様として設定し、ノートやセレナで大成功しているe-POWERを搭載すれば、地球にもやさしいSUVが誕生するはずだ。

■ラシーン 1994~2000年

20年早かったラシーン。いまマーチをベースにして作ったら売れそう。ついでにフィガロもお願いしたい

 1993年の東京モーターショーにプロトタイプが出品され、絶大な人気を集めて市販されることとなったラシーン。

 スクエアなボディとクロスカントリー風な味付け、サニーベースのコンパクトサイズながら全車4WDで背面タイヤやグリルガードを装着するグレードが用意されるなど、独特な存在感で現在でも根強いファンを持っている。

 いまならユニセックスなイメージと素材感がにじむデザイン、そこはかとなく香る「無印良品っぽさ」が若者にうけるはず。

 なにしろ世界的なクロスオーバーSUVブームだけに、海外でのヒットも狙える。ラシーンの新車価格は1999年時点の最廉価グレードで169万7000円(1.5L、5MT)。これ、このまま復刻すればかなり売れると思います。

次ページは : ■レパード 1980~1999年

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ