【クラウン レヴォーグ インプレッサ…買うなら今!!】 オススメ セダン&ハッチバック&ワゴン 10選

 世はミニバン、そしてSUV全盛の時代。なんとなく影の薄くなって久しい感のあるセダン・ハッチバック・ワゴンたち。でも個性が光るいいクルマがたくさんあるんです。そしていまは1年でもっともクルマの購入が狙える時期。

 そこで、自動車ジャーナリスト渡辺陽一郎氏にご登場願い、セダン・ハッチバック・ワゴンのオススメ10台を紹介してもらいました。廉価グレードは果たして「買い」なのか? から、選出された各車のイチオシグレード・狙いたい値引き目標額も掲載!

※本稿は2019年2月のものです
選出・文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■廉価グレードは買い得か?

 価格の最も安いグレードは法人やレンタカーのために設定することが多い。だから、個人購入の場合、機能/装備/質感を考えると割安とはいえない。装備の原価は意外に安く、省いても価格をあまり下げられない事情もある。逆に上級グレードも儲けるために割高だ。

 ゆえに「お買い得」なのは下から2~3番目に位置する中級グレード。これが結論!

■今こそトヨタ クラウンを買う!

 買い時の今年3月、トヨタ クラウンを狙うのもあり、だ。スポーティなRSが人気で、2.5Lハイブリッドであれば、価格が割安でエコカー減税は免税になる(2018年度の場合)。

 販売比率も2.5Lハイブリッドが80%を超えて、RSも最多販売グレードだ。

●トヨタ クラウン(おすすめグレード:2.5RSアドバンス)

・全長4,910 × 全幅1,800 × 全高1,455mm
・車重:1,770kg
・エンジン:2.5L、直4DOHC+モーター
・最高出力(システム出力)/最大トルク:226ps/22.5kgm
・価格帯:460万6,200~718万7,400円

◆目標値引き額:26万円

■マイナーチェンジしたトヨタ プリウス、今でしょ!

 マイナーチェンジで心機一転となったトヨタ プリウス。新たに通信機能も採用され、選ぶ価値が高くなった。後席は少し狭いが、大人4名の乗車を妨げず。大量に売る必要があるから値引きなどの条件も好転している。

●トヨタ プリウス(おすすめグレード:S)

・全長4,575 × 全幅1,760 × 全高1,470mm
・車重:1,380kg
・エンジン:1.8L、直4DOHC+モーター
・最高出力(システム出力)/最大トルク:122ps/15.6kgm
・価格帯:251万8,560~347万8,680円

◆目標値引き額:21万円

■低金利でお買い得。ホンダ グレイス

 今、5ナンバーセダンは少数派だがホンダ グレイスは推したい。燃料タンクを前席下に設置した優れた空間効率。後席の足元はLサイズセダン並みに広い。乗り心地もコンパクトのわりに快適だ。

 発売から4年以上を経過して、値引きも拡大。今年3月末日まで残価設定ローンに年率1.9%の低金利を適用。この部分でも、やはり推したい一台。

●ホンダ グレイス(おすすめグレード:LX)

・全長4,450 × 全幅1,695 × 全高 1,475mm
・車重:1,110kg
・エンジン:1.5L、直4DOHC
・最高出力/最大トルク:132ps/15.8kgm
・価格帯:176万9,040~256万9,320円

◆目標値引き額:21万円

■少数派のワゴンなら、ホンダ シャトルとスバル レヴォーグがお買い得

 車種数が少ないワゴン。でも少数精鋭で優れたクルマもある。

 ホンダ シャトルはフィットをベースに、荷室をさらに約300mm伸ばし、後席を畳めば車中泊もできる。Gホンダセンシング・グレードは1.5Lエンジンを搭載し安全装備も充実。それで価格は180万円以下だ。

●ホンダ シャトル(おすすめグレード:Gホンダセンシング)

・全長4,400 × 全幅1,695 × 全高1,545mm
・車重:1,130kg
・エンジン:1.5L、直4DOHC
・最高出力/最大トルク:132ps/15.8kgm
・価格帯:177万120~263万1,960円

◆目標値引き額:18万円

 走り重視のユーザーならワゴンといえばスバル レヴォーグだろう。全幅を1800mm以下に抑えて運転がしやすく、ターボエンジンと4WDの併用で走りはスポーティだ。スバルゆえに安全性も高い。

●スバル レヴォーグ(おすすめグレード:1.6GTアイサイト)

・全長4,690 × 全幅1,780 × 全高1,495mm
・車重:1,540kg
・エンジン:1.6L、水平対向4DOHCターボ
・最高出力/最大トルク:170ps/25.5kgm
・価格帯:286万2,000~405万円

◆目標値引き額:27万円

■「装備で買い」のホンダ インサイト

 ホンダのハイブリッド専用車、インサイト。静粛性に優れ、加速も滑らかに仕上げられた。そして内装は上質。

 価格が高い、といわれるが、カーナビなどを標準装着する点が見逃せない。例えばプリウスAツーリングセレクションに同様の装備を加えると約336万円。インサイトEXが約14万円高いだけ。

 去年12月登場の新型車でも納期は長引かず、今年3月中の登録が可能だから購入条件を好転させやすい。さすがに大幅値引きは難しいが、下取り車の売却額の引き上げが勝負だ。

●ホンダ インサイト(おすすめグレード:EX)

・全長4,675 × 全幅1,820 × 全高1,410mm
・車重:1,390kg
・エンジン:1.5L、直4DOHC+モーター
・最高出力/最大トルク:109ps/13.7kgm
・モーター出力/トルク:131ps/27.2kgm
・価格帯:326万1,600~362万8,800円

◆目標値引き額:10万円

■実用性のスバル インプレッサ。そして、走りのホンダ シビックハッチバック

 買い得感を重視するならスバルインプレッサも推し。室内はカローラスポーツやアクセラなどのライバルよりも広く、特に後席はLサイズセダン並みだ。内装は上質で、プラットフォームの刷新により乗り心地も一層快適になった。

 自転車も検知できるアイサイトも備わり、安全性は優秀だ。

●スバル インプレッサ G4(おすすめグレード:2.0i-Lアイサイト)

・全長4,625 × 全幅1,775 × 全高1,455mm
・車重:1,370kg
・エンジン:2L、水平対向4DOHC
・最高出力/最大トルク:154ps /20.0kgm
・価格帯:194万4,000~261万3,600円

◆目標値引き額:25万円

 ホンダのシビックハッチバックはインプレッサほど実用的でないが、運転感覚がスポーティで6MTも選べる。現行型はボディが肥大化したが、スポーティ指向に変化はない。

●ホンダ シビックハッチバック(おすすめグレード:標準仕様)

・全長4,520 × 全幅1,800 × 全高1,435mm
・車重:1,320kg
・エンジン:1.5L、直4DOHCターボ
・最高出力/最大トルク:182ps/24.5kgm
・価格帯:280万440円

◆目標値引き額:23万円

■速いけど安心、スバル WRX S4

 そのスポーティさをさらに重視したいのならスバル WRX。最高出力300ps以上のモデルのなかで推奨度が最も高い。4WDで安定性も優れ、軽快感ともなう走りは楽しすぎる。

 また全幅が1800mm以下だからハイパフォーマンスモデルでも運転はしやすい。

●スバル WRX S4(おすすめグレード:2.0GT-S アイサイト)

・全長4,595 × 全幅1,795 × 全高1,475mm
・車重:1,540kg
・エンジン:2L、水平対向4DOHCターボ
・最高出力/最大トルク:300ps/40.8kgm
・価格帯:336万9,600~409万3,200円

◆目標値引き額:26万円

■補助金効果だ、日産 リーフ!

 最後にハッチバックで追加したいのがEVの日産 リーフ。プラットフォームなどの基本部分は先代型と共通化しながら走行性能、航続距離、荷室の広さまで幅広く向上。Xグレードは専用カーナビなどを装着した本格的EVなのに割安だ。

 2018年度の実績でCEV補助金が40万円交付、これは大きい(2019年度は未定)。

●日産 リーフ(おすすめグレード:X(40kWh))

・全長4,480×全幅1,790×全高1,540mm
・車重:1,490kg
・リチウムイオン電池・総電力量:40kWh
・最高出力/最大トルク:150ps/32.6kgm
・価格帯:324万3,240~472万9,320円

◆目標値引き額:22万円

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ