いまや絶滅寸前…かつての多数派 後輪駆動車に今こそ技術革新で復活の兆し


 室内の広さなど車の特長を決定づける駆動方式は、大きく分けて前輪駆動と後輪駆動のふたつがあるものの、現代の日本車では前輪駆動車が圧倒的に多い。

 最新の登録車販売台数(2019年2月)を見ても、1位の日産 ノートから10位のトヨタ ルーミーまでトップ10は全て前輪駆動車で、後輪駆動車は24位のクラウンが最上位と少数派の存在だ。しかし、歴史を振り返ると、後輪駆動が車の基本形だった時代も長い。

 後輪駆動から前輪駆動へと主流が移り変わった歴史ときっかけ、そして、いま顕在化しつつある後輪駆動復活の兆しとは?

文:御堀直嗣
写真:HONDA、Newspress Ltd、編集部


後輪駆動から始まった車の歴史と転機

長年親しまれたクラシックMINI。画期的な前輪駆動のレイアウトは後に小型大衆車の基本型となるが、発売当時はまだ後輪駆動車が主流だった

 ドイツのカール・ベンツが世界初のガソリンエンジン自動車を発明した時、その「パテント・モトール・ヴァーゲン」は、人の後ろにエンジンがあり後輪を駆動した。この構造から、ベンツが機械仕掛けの馬を構想したと解釈できる。

 馬は、後ろ脚から駈歩(かけあし)をはじめる。なおかつベンツは、自動車を「機動性と実用性に優れ、エンジンが車体と有機的に一体化した自走車」と定義している。有機的と表現した言葉に意味があり、それは単に便利な機械(無機物)を設計した訳ではないという意図が示されている。有機体とは、生物を意味するからだ。

 これに対し、ゴットリープ・ダイムラーがベンツからやや遅れて同じ1886年に製作した「ダイムラー・モトール・クッシュ」は、まさに馬車の床をくりぬいてエンジンを載せた、“馬無し馬車”であった。馬車をエンジンで走らせただけであり、ベンツのそれとは似て非なるものである。ただ両車とも、後輪駆動である点は共通している。

 車の基本的な型といえる、人の前にエンジンがあって後輪を駆動する(FR)原型は、フランスのパナール・エ・ルヴァソール(ルネ・パナールとエミール・ルヴァソールの会社)が考え出した。これを、システム・パナールと呼ぶ。

 一方、エンジンを横置きにして人の前に置き、前輪を駆動する方式(FF)は、1904年に米国のウォルター・クリスティが発明した。乗用車に使って広く世に知らしめたのは、第二次世界大戦後の1961年に英国で誕生したアレック・イシゴニス設計のミニだ。

日本車の“定番”カローラも70年代まで「後輪駆動」

歴代初のFF車となった5代目カローラ(1983年発売)。カローラやサニーなど当時の大衆車がFF化されるのは1980年代に入ってからで、カローラも4代目までは後輪駆動車だった

 FFの構想は、1974年のフォルクスワーゲン ゴルフでも用いられ、「世界の小型車の規範」とさえいわれたゴルフの影響を受け、小型FF車が広まっていく。

 日本では、1960年代に普及した軽自動車のなかでホンダ N360がFFを採用し、同じくホンダは1970年代のシビックにもFFを選んだ。限られた車体寸法の中で、「マンマキシマム・メカミニマム」の合理性を重んじた結果だ。

 その後、1981年の日産サニー、1983年にはトヨタのカローラとコロナもFFとなり、日産ブルーバードもFFとなった。ここからFFが日本車全体に大きな影響を及ぼしたといえるだろう。

 1981年の2代目ホンダ アコードは米国でも生産され、FF前提で設計された1982年のトヨタ カムリとともに、やがて米国市場における乗用車1位を競うようになっていく。

 FRからFFへの移行は、単に小型車製造の合理性だけでなく、上級車種におけるゆとりや快適な室内という商品性にも広がった。1990年の日産プリメーラは、FFでも運転を楽しめる操縦性を築き上げた。

次ページは : “走り”だけじゃない後輪駆動の利点

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ