え、この時代には86万円で新車!? 超お手頃価格で買える新車イッキ見

え、この時代には86万円で新車!? 超お手頃価格で買える新車イッキ見

「軽自動車」「国産普通車」「輸入車」の3つの大きなカテゴリーにわけて、日本で一番安いクルマを調べてみた!! 選ばれたクルマたちは値段以外にも魅力がたくさんあるぞ!! 意外なクルマが1位になることも?? 

文/齊藤優太、写真/DAIHATSU、TOYOTA、RENAULT
※各クルマの価格帯、スペックは、2023年3月末時点になります。

■大人気な軽自動車市場で一番安いモデルは? 

軽自動車で一番安いダイハツ ミライース。写真は必要最低限の装備で車両価格を抑えたエントリーグレードに運転支援システムを搭載した「B”SA III”」
軽自動車で一番安いダイハツ ミライース。写真は必要最低限の装備で車両価格を抑えたエントリーグレードに運転支援システムを搭載した「B”SA III”」

 ここからは、日本で購入できる安い新車トップ3を紹介します。ただし、ここで紹介しているモデルは、2023年3月末時点における新車販売価格を元にしています。

 軽自動車でもっとも安いモデルは、ダイハツ ミライース(86万200円)です。新車販売価格が安い軽自動車トップ3は次のとおりです。

第1位:ダイハツ ミライース(86万200円)
第2位:スズキ アルト(94万3800円)
第3位:ダイハツ ムーヴ(113万5200円)

 軽自動車は、120万円程度までが安いモデルといえるでしょう。

■一番安い軽自動車「ダイハツ ミライース」の特徴や魅力とは?

92万6200円の「B”SA III”」のインテリア。飾り気のないシンプルな仕上げとなっている
92万6200円の「B”SA III”」のインテリア。飾り気のないシンプルな仕上げとなっている

 ダイハツ ミライースは、2011年9月に初代がデビューし、2017年5月に2代目となった軽自動車です。

 2代目登場当初の価格は84万2400円と、2023年3月末時点よりわずかに安い価格でした。

 昨今の物価高や半導体不足の影響など、自動車業界を取り巻く環境や経済の変化がありながら、今でも100万円以下の価格を維持し続けています。

 最低限の価格上昇に留めている点は評価すべきポイントといえるでしょう。

 また、WLTCモード燃費が32.2km/Lと優れていることもミライースの魅力です。

 86万200円で購入できるミライースは、13インチスチールホイール、ハロゲンライト、ダイヤル式のマニュアルエアコンなど、必要最低限の装備となるエントリーグレードの「B」となります。

 先進的な運転支援システムである「スマートアシストIII」は装備されません。

 ただし、6万6000円追加して92万6200円となる「B”SA III”」を選べば先進安全装備のスマートアシストが装備されます。

 先進的な運転支援システムを装備しても100万円以下となることから、先進的なシステムを装備する安い軽自動車がほしいのであればミライース「B”SA III”」を選択すると良いでしょう。

 先進的な運転支援システムがなくても問題がなく、とにかく安い価格の軽自動車がほしいのであれば、エントリーグレードの「B」がおすすめです。

【主要スペック】

・全長×全幅×全高:3395m×1475mm×1510mm
・エンジン:直列3気筒658cc
・最高出力:36kW(49ps)/6800rpm
・最大トルク:57Nm(5.8kgm)/5200rpm
・WLTCモード燃費:32.2km/L
・価格:86万200円(税込)~
※2023年3月末時点のスペックや価格

次ページは : ■トヨタパッソ生産終了へ 買うなら今!?? ダイハツブーンの魅力とは? 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します